「真田丸」OP曲を弾いているのは三浦文彰

「真田丸」OP曲を弾いている三浦文彰

 NHK大河ドラマ『真田丸』のオープニングに流れる音楽。冒頭に奏でられる、弾んだヴァイオリンの音色が印象的だが、これを手掛けたのは作曲家の服部隆之氏。そして、演奏するのは23歳のヴァイオリン奏者、三浦文彰だ。

 ネット上では「あの素敵なヴァイオリン奏者は誰?」「誰が弾いているのか」といった声が多数上がっていたが、オープニングからひときわ印象的で際立ったヴィオリンをソロで弾いてるのは、世界的なヴァイオリン奏者だった。

 三浦文彰は、2009年に難関コンクールのひとつである『ハノー ファー国際コンクール』を、史上最年少の若干16歳で制覇した逸材。「真田丸」効果もあってか、5月に行われる自身のソロ・リサイタルは、東京2公演が既に完売しているという。

 一難去ってまた一難、策略をもって乱世を生き抜く真田家の姿と相まって、緊張感と危機感迫るヴィオリンの音色は劇中をひきたたせている。ドラマの話題性もあり、ブレイクの予感だ。

 ◆三浦文彰(みうらふみあき) 東京都出身。2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて史上最年少16歳で優勝。国内主要オーケストラはもとより、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響などとも共演、国際的な活動を展開。2016年NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽のヴァイオリン・ソロを演奏。2009年度第20回出光音楽賞受賞。

記事タグ