17歳誕生日翌日にグラビアを飾った『週刊ヤングマガジン18号』

17歳誕生日翌日にグラビアを飾った『週刊ヤングマガジン18号』

 SUPER☆GiRLSの浅川梨奈が3日に17歳の誕生日を迎えた。その翌日、4日発売の週刊誌『週刊ヤングマガジン18号』では単独で表紙を飾った。浅川が、同誌の表紙を単独で飾るのは今回で3回目となる。

 初のグラビアデビューで「1000年に1度の童顔巨乳」と話題となり、現在、様々な雑誌で表紙を飾るなど、活躍が目覚ましい浅川梨奈。そんな彼女を表紙に起用した、週刊ヤングマガジンの編集部は以下の通りに評している。

 「ヤングマガジン、初登場、初表紙、初巻頭、初ぶち抜きという、前人未到のデビューから半年。その間の、グラビア界での活躍は、周知の事実ですが、17歳を迎えた梨奈ちゃんから、ますます目が離せません。今回の撮影で一番驚いたのは、その圧倒的な表現力です。最大の売りである、童顔&巨乳はそのままに、現役のアイドルでありながら、グラドルに全く引けのとらない、スーパーボディーにますます磨きがかかりました。一回り成長した、新しいなぁぽんから目が離せませんし、これからの活躍に注目しています」。

 一方の浅川梨奈は、17歳最初の表紙の見どころを「発売前日の4月3日に17歳になるのですが、撮影した時は16歳なので、ギリギリ16歳の私を堪能してほしいです!(笑)サイパンロケは、天候にも恵まれてすごくはしゃいで楽しい撮影でした。たくさんはしゃいだので、その楽しい感じが写真から伝われば良いなと思っています」と話した。

 また、16歳の1番の思い出については「高橋みなみさんとお仕事出来た事です! 小学生の頃からずっと憧れて大好きだった人と念願叶ってお仕事できて、16歳の1番を通り越して人生で1番の思い出だと思っています(笑)」と、自身もアイドルでありながらアイドルヲタクの浅川らしい答え。

 17歳の抱負は「自由に楽しく、華のセブンティーンなのでセブンティーンらしい1年にしたいです! あとはいろんな方に恩返しを少しずつしていけるようになりたいです」と意気込んだ。

記事タグ