両国国技館で演奏するBEGIN【カメラマン・浜野カズシ氏】

両国国技館で演奏するBEGIN【カメラマン・浜野カズシ氏】

 昨年3月21日に地元・石垣島にある石垣市中央運動公園 屋内練習場特設ステージで行われた「BEGIN25周年記念音楽公園~石垣島で会いましょう~」でスタートしたBEGINの25周年。2015年6月にアルバム「ビギンのマルシャ ショーラ」、10月にはアルバム「Sugar Cane Cable Network」をリリースし、10月4日(日) 埼玉を皮切りに、全国24カ所に及ぶ「BEGIN 25周年記念コンサート「Sugar Cane Cable Network」ツアー 2015-2016」を行ってきたが、その千秋楽となるコンサートを週末の2016年3月20日(日)に両国国技館で開催、約7000人がお祝いに駆けつけた。

 開場後、国技館独特の”枡席”がどんどん埋まっていき、満席BGMと照明が落ちメンバー3人が登場。まず3人だけで一曲目に「昔美しゃ今美しゃ」を披露したあと、「ありがとうございます!BEGINです!ようこそ両国国技館へ!みなさんのおかけで25周年を締めくくることができます。今日はフェスみたいなもの。どうしたってまとまらないんだから最初からとっちからかっていきましょう。年は関係なくみんな同窓生です。お祭りなんで宜しくお願い致します!」とメンバー挨拶。

 そして「石垣島の先輩に、お酒はお祝いに飲むのだとよく言われました。そして今日飲ないでいつ飲むんだ!」とアルコール度数43度の泡盛のグラスを「カンパーイ!」と一気に飲み干し、「俺は嫌って言う」、記念すべきデビュー曲「恋しくて」、ピアノの上地等がボーカルの「朝焼けの情景」、カバー曲「I Shall Be Released」 を演奏、ステージが本格的にスタートした。

 サポートメンバーを呼び込んで、バンド編成となり「今回初めてレコチョクで1位になりました!今日は浦ちゃんになっちゃうよ!皆さんが乙ちゃんです!」という島袋優のMCと共に披露されたのはauのCMで大きな話題になり桐谷健太との共演でテレビ出演も果たした、島袋優メインボーカルの「海の声」。BEGINの新たなスタンダードになりつつあるこの曲を誰もが待っていたかのような大きな歓声が上がった。

フラチームと共演

 その後、ハワイで話題のアサイーボウルのアサイーの実がブラジルが原産であるというハワイとブラジルの繋がりを描いた「アサイーボウル」の他、島袋優が「Rogan’Roll」、上地等が「憧れのアンダー」と、それぞれがメインボーカルをとり、昨年の「JALホノルルマラソン2015」のテーマソングとして12月にハワイのワイキキシェル公演でも披露された「Blessing Rain」で会場を爽快な空気を包む。

 中盤ではBEGINが考案した楽器”一五一会”の教室メンバーと共に大ヒット曲「笑顔のまんま」を披露、客席も大合唱となる。

ステージで乾杯するBEGIN【カメラマン・浜野カズシ氏】

ステージで乾杯するBEGIN【カメラマン・浜野カズシ氏】

演奏するBEGIN【カメラマン・浜野カズシ氏】

演奏するBEGIN【カメラマン・浜野カズシ氏】

新たな決意

 後半は31名のフラチーム、”サンディーズフラスタジオ”をステージに呼び込んだ「アロハの花」「涙そうそう」に続いて「ウルマメロディー」ではそこにエイサーの琉球國祭り太鼓のメンバーが加わり、沖縄音楽ととハワイアンミュージックが融合し一際華やかに。

 フラチームを送り出した後、エイサー隊が更に加わり打ち手36名&旗持ち10名、計46名による迫力ある「三線の花」に続き「オジー自慢のオリオンビール」で「ありカンパーイ!」と大きな盛り上がりを見せ、「かりゆしの夜」では比嘉栄昇の「カチャーシー踊りますか!」の呼びかけで客席は総立ち、カチャーシーを踊り両国国技館が一気に沖縄化する。

 終盤の、宮城姉妹・サンバチーム”ブロコ・アハスタォン”との共演による(ブラジルのサンバの原型になったリズム)”マルシャ”コーナーでは、自身の曲の他、サザンオールスターズの「勝手にシンドバット」、比嘉栄昇のギターソロが唸り会場を沸かせた DEEP PURPLE「Smoke on the Water」などカヴァーも織り込み25分のノンストップメドレーとなった。

 そして本編最後には「明日から26年目が始まるにあたり発表する事があります!」と島袋優からは4月から沖縄・RBCiラジオでレギュラー番組をスタートさせる事、上地等からはソロアルバムをリリースする事を発表。『だからといって僕たちのBEGINのライブが無くなるわけではありません!どんどんやっていきますよ!』と26年目も積極的に活動して行く意気込みをみせた。

 本編最後は『子供が生まれる時お腹の羊水は海水と同じ成分なんだ、だから僕らは生まれながらにサーファーなんだ』というMCと共に「サーファーに傘は要らないのさ」で終了。

 アンコールは「ボトル2本とチョコレート」でスタート、客席をバックに記念撮影を行ったあと『もう一曲やろうぜ!』と今日の出演者全員を呼び込み総勢127名の「島人ぬ宝」で会場のボルテージは最高潮。大団円を迎えた。(この「島人ぬ宝」は来年でリリースしてから15年が経つ事になる。)

 そして「みなさんお元気で!また同窓会で会いましょう!さようなら!」というMC後、東京を舞台にした曲「ハンドル」でBEGINの25周年イヤーは終了した。なお、6月25日には沖縄県嘉手納町で恒例の「うたの日コンサート2016」の開催も予定されていて今後もますます積極的に活動を行っていく。

BEGINの演奏に酔いしれた会場【カメラマン・浜野カズシ氏】

BEGINの演奏に酔いしれた会場【カメラマン・浜野カズシ氏】

セットリスト

BEGIN 25周年記念コンサート
「Sugar Cane Cable Network」ツアー 2015-2016
2016年3月20日(日)両国国技館

01. 昔美しゃ今美しゃ
02. 僕だけの愛で出来たうた
03. 俺は嫌って言う
04. 恋しくて
05. 朝焼けの情景
06. I Shall Be Released
07. 海の声
08. アサイーボウル
09. Rogan'Roll
10. 憧れのアンダー
11. Blessing Rain
12. 笑顔のまんま
13. アロハの花
14.涙そうそう
15. ウルマメロディー
16. 三線の花
17. オジー自慢のオリオンビール
18. かりゆしの夜

<マルシャメドレー>
19. 流星の12弦ギター〜YOU〜愛が走る〜国道508号線〜
勝手にシンドバット 〜Smoke on the Water 〜また逢う日まで〜
月がとっても青いから〜いつでも夢を〜バルーン

20. サーファーに傘は要らないのさ

<ENCORE>
ボトル二本とチョコレート
島人ぬ宝
ハンドル

記事タグ