集まったファンと記念撮影をする“いきものがかり”

集まったファンと記念撮影をする“いきものがかり”

 今年デビュー10周年を迎えた3人組ユニット“いきものがかり”が15日、地元である神奈川県海老名にあるビナウォークで凱旋イベントをおこなった。デビュー曲である「SAKURA」をアコースティックスタイルで演奏し、FMヨコハマで4月からスタートする新レギュラー番組の公開録音もおこなった。水野は「10年たってこの曲を海老名で演奏できたのは本当にうれしい」と喜びを語った。

 06年3月15日にメジャーデビューをしたいきものがかり。まさにデビュー丸10周年の16年3月15日に、地元であり、インディーズ時代からメジャーデビュー2年後頃までライブやイベントを行っていた、神奈川県海老名にあるビナウォークに凱旋した。

 観客が見守るなか、3月15日とかけて午後3時15分にイベントをスタート、いきものがかりらしいユーモアである。冒頭ではデビュー10周年を迎えられた喜びや支えてくれたファンへの感謝の気持ちなどを熱く述べた。

 そして、10年前にメンバー同士でサインと“10年後もCDを出しましょう”とメッセージを入れて交換しあった「SAKURA」CDの披露、このデビュー記念日にリリースしたベストアルバム「超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~」で実現できたことへの驚きと喜びを表した。

 そして、デビュー曲である「SAKURA」をいきものがかり3人だけのアコースティックスタイルで生演奏を披露した。水野は「10年たってこの曲を海老名で演奏できたのは本当にうれしい」と述べた。

 さらに、地元神奈川のFMラジオ局FMヨコハマで4月からスタートする新レギュラー番組の公開録音を、集まってくれたファンからのメッセージを読み上げ交流しながら2本の収録を行った。最後は平日の午後にも関わらず集まってくれた多くのファンと一緒に記念撮影。吉岡は「これからも1曲1曲入魂して届けていきたい」と今後の活動への意気込みを語った。イベント会場は終始やさしい笑顔に包まれて、いきものがかりらしいイベントとなった。

 この日発売となったベストアルバム「超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~」はオリコンデイリーアルバムランキング1位を記録、夏には10万人動員のイベントを行う予定。

記事タグ