玉置浩二。2016年12月8日撮影。東京国際フォーラム「玉置浩二プレミアムシンフォニックコンサート」での模様(大友直人指揮東京フィルハーモニー交響楽団)

玉置浩二。2016年12月8日撮影。東京国際フォーラム「玉置浩二プレミアムシンフォニックコンサート」での模様(大友直人指揮東京フィルハーモニー交響楽団)

 12日と13日に東京国際フォーラムで『billboard classics festival 2016』が開催される。玉置浩二をはじめ、中島美嘉、小林武史など日本ポップスのトップアーティストたちが出演する。また、歌手の杏里が「オリビアを聴きながら」をオーケストラと共に演奏するプログラムなど、普段クラシックに馴染みのない観客も楽しめる内容となっている。

 日本初のポップス・ロック×オーケストラ公演音楽祭として注目されている『billboard classics festival 2016』。12日、13日は東京国際フォーラムを舞台に、玉置浩二、八神純子、中島美嘉、Salyu with 小林武史ほか総勢12人の豪華ソリストが出演。オーケストラバージョンに生まれ変わったヒット作品群から構成されたプログラムに期待がよせられている。

 国内外におけるオーケストラとの競演が話題となっている玉置浩二から音楽ファンに向けた言葉、「みなさまの素晴らしい人生の一ページになりますよう、最愛を込めて歌います」。そして、小林武史からのメッセージ「数ある音楽の中でも本当に贅沢だなと思える時空間ですね」は、出演者たちの音楽祭に対する高揚感を示している。

 また、今回は、スペシャルゲストとして、平原綾香、May J.(12日)、杏里、小柳ゆき、(13日)らも出演。「Jupiter」「Let It Go」「オリビアを聴きながら」「あなたのキスを数えましょう」をオーケストラとの競演によって披露する。

 さらに、12日は華麗なヴァイオリン奏者、川井郁子、13日はNHK大河ドラマ「真田丸」メインテーマの演奏で注目の三浦文彰(ヴァイオリン)も出演。ジャンルを越えた多彩な舞台が、欧州で活躍中の栁澤寿男が指揮する、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏によってその幕開けを飾る。

 なお、3月11日(金)24時55分からは、本公演シリーズの関連番組として、NHK-BSプレミアムで『玉置浩二シンフォニックコンサート in 香港』が放送される。

公演情報

<ビルボード・クラシックス・フェスティバル2016>
開催日時:12日(土)開場17:00/開演18:00、13日(日)開場12:30/開演13:30
会場:東京国際フォーラム ホールA
出演:玉置 浩二/八神 純子/佐藤 竹善/中島 美嘉/Salyu with 小林武史
スペシャルゲスト:(3/12)平原綾香/May J./川井郁子(3/13)杏里/小柳ゆき/三浦文彰
指揮:柳澤寿男 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
S席:8,800円 A席:7,800円(税込・全席指定)
問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)