HKT48の宮脇咲良(17)がインフルエンザを発症し、治療のため休養する。HKT48の公式ブログで7日、発表された。また、矢吹奈子(14)もインフルエンザに感染、9日公演の出演をとりやめる。

 宮脇について、ブログでは「お医者さまの許可が出て、また元気な姿をお見せできるようになるまで、お時間をいただきますことをご報告させていただきます」と伝えている。

 また、インフルエンザB型との診断を受けた矢吹は9日の公演は休演、代わりに坂本愛玲菜が出演。12日・13日の『AKB48「0と1の間」劇場盤 発売記念大写真会』については、移動スケジュールの都合で12日の第1部は不参加。2部以降、並びに13日は予定通り参加する。

 HKT48メンバーの体調不良は、6日も宇井真白がインフルエンザの疑いがあることから休演を発表。2日も村川緋杏が体調不良を訴え休演することが伝えられていた。

記事タグ