歌手の福原美穂(28)が4日に、第1子となる女児を出産した。所属事務所が公式サイトなどを通じて5日に発表した。福原は「産声を聞いた瞬間、涙が止まりませんでした」と心境を載せている。

 福原は4日午後2時48分に、都内の病院で出産。体重3795グラムの女児で、母子ともに健康。発表文には「凛々しい顔をした女の子です」と報告している。

 また、福原もコメントを発表。「目のキラキラした女の子が生まれました。産声を聞いた瞬間、涙が止まりませんでした」と喜びの心境。

 更に「彼女の母親になれたことへの幸せな気持ち、そして、今、正義感でいっぱいです。今日からの毎日、日々勉強しながら、何より、楽しみながら、子育てに励んでいきます。これからも変わらず、皆様には応援のほど、よろしくお願いいたします」としたためた。

 公式サイトでは、スタッフによる出産への祝福メッセージも。「2015年、自主レーベル第1作目となるNew EP『Something New』の制作や、年末のTour “Live in Music Vol.6″など、妊娠から出産までの長い時間をお腹の中の “彼女”と共に過ごして参りました」と約650文字に渡って寄せている。

 福原は昨年10月に、自身のフェイスブックに妊娠5カ月であることを報告。「年末に行われるツアーの際には、2人分の歌を皆様にお届けします。皆様にお会いできること、今からとても楽しみにしています」と、年末のツアーに向けての意気込みを綴っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)