ロックバンド「Base Ball Bear」(ベースボールベア)の小出祐介は4日にツイッターで、先日バンドからの脱退が発表されたギタリスト・湯浅将平について改めてファンに報告。「結成15周年の年に、自分のバンドにこのような事が起きるとは思ってもみませんでしたが、僕ら3人のこのバンドで音楽をやっていきたいという気持ちは強いです」などと綴り、今後の活動に力を入れたい気持ちを伝えている。

 同バンドの公式サイトによれば、湯浅は2月中旬に制作作業を行うはずのスタジオに現れず、連絡も取れない状態が続いていた。その後、第三者を通じてバンド活動を続けられないとする意思表示が届いたという。様々な方法で湯浅本人との話し合いを試みたものの叶うことなく、Base Ball Bearの4人での活動は難しいとの判断に至り、湯浅が脱退することになったと明かした。

 小出はツイッターで、「改めまして、湯浅将平の件でファンの皆様に沢山のご心配をおかけしましたことをお詫び致します」とお詫びの文面をしたためた。「皆様からは期待や応援や不安やお怒りなど、様々なお声を頂きました。その一つ一つを真摯に受け止め、今後の作品やライブ、音楽でお返事出来るよう、より一層、懸命に取り組んでいくつもりです」と綴った。

 さらに、「明日の仙台からはツアーが始まります。今回は僕らの先輩であり、湯浅とも親交が深かったフルカワユタカさんがサポートメンバーとして参加してくださいます。快く引き受けてくださったフルカワさんには大変感謝しております。明日からは今後への僕らの第一歩です。是非、見届けて頂きたく思います」とし、5日からスタートするツアー『LIVE BY THE C2』に力を注ぎたい考えを示した。

 その上で、「結成15周年の年に、自分のバンドにこのような事が起きるとは思ってもみませんでしたが、僕ら3人のこのバンドで音楽をやっていきたいという気持ちは強いです。気を引き締めこれからも頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します」とし、メンバーの堀之内大介、関根史織とともに活動を続けていく気持ちを伝えている。

 ファンからは「また4人が曲やること信じて待ってます」「どうか湯浅さんにコンタクト取り続けて」と湯浅の復帰を待ち望む声が挙がった。その一方で、「小出さん、ホリさん、関根嬢が今回の事で体調を崩さないようになさってください」と労う声や「続けることを選んでくれて感謝」「これからのBase Ball Bearを引き続き見守っていきたい」と変わらぬ声援を送っている。

記事タグ