<ゴールドディスク大賞>[Alexandros]が新人トップ

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)を受賞した[Alexandros]

 27日発表があった「第30回日本ゴールドディスク大賞」(日本レコード協会主催)で、2015年ユニバーサル ミュージックからメジャーデビューしたロックバンド[Alexandros]が、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)を受賞した。

 同賞は、昨年デビューしたアーティストのうち、CDなどの売上合計が最も多いアーティストに贈られるもの。[Alexandros]川上洋平は以下の通りに、喜びのコメントを寄せている。

 ――この度は「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を戴きまして誠にありがとうございます。ロックバンドとしてこのような華やかな賞を戴くのは光栄であります。

 この賞は昨年の実績だけでなく、今まで我々が積み重ねてきた経験やそれを支えてくれたスタッフの皆様、家族、友人、猫、そして何より愛してくれたファンの皆様のおかげだと感じております。

 これからも我々[Alexandros]は刺激的な音楽を作り、皆様にお届けしていきたいと思っております。次回は「ニュー」を外してお目にかかれれば――

 「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の候補となる「ベスト5ニュー・アーティスト」は[Alexandros]のほかに、あゆみくりかまき(ソニー・ミュージックレーベルズ)、THE HOOPERS(ユニバーサル ミュージック)、瀧川ありさ(ソニー・ミュージックレーベルズ)、whiteeeen(ユニバーサル ミュージック)が受賞している。

記事タグ