なぜかパパイヤ鈴木らにも飛び火

なぜか飛び火したパパイヤ鈴木

 バイオリニストの葉加瀬太郎が22日にツイッターで、“ゲーム機バキバキ事件”でネット炎上を巻き起こしたバイオリニストの高嶋ちさ子を擁護した。これが火に油を注ぐ形となり葉加瀬のツイッターも炎上。すると、葉加瀬に風貌が似ているとの理由から、ダンサーでタレントのパパイヤ鈴木や、学者の茂木健一郎氏にまさかの“飛び火”。茂木氏は「私は葉加瀬太郎さんではありません」とブログで火消する騒動になっている。

 高嶋は2月12日付「東京新聞」コラムに、子供2人がゲームをする時間の約束を破ったことを理由に、ゲーム機を“バキバキ”に折ったことを明かし、ネット上で物議を醸していた。

 これを受けて葉加瀬は22日に自身のツイッターを更新し、「友人高嶋ちさ子の子育て論炎上について一言。ゲーム機を壊す事の良否は結構、でもそれだけで彼女の人格をとやかく言う事は間違ってます」と擁護。

 さらに、「もし彼女の人間性に何か言いたいのなら、まず彼女の音楽を聴いてからにしなさい。あんなに純粋で美しい音色を奏でられる人に悪い人がいるわけがないから」と高嶋のバイオリンを聴くことを薦めた。

 しかし、擁護した葉加瀬のツイッターも炎上。「その発言は大変残念」「いい人だからいい音を奏でるなんて因果関係が成立せーへん」などと反発のコメントが続々と投稿された。

 こうした経緯の中、ツイッターでは葉加瀬太郎をパパイヤ鈴木と混同する声が広がった。葉加瀬とパパイヤ鈴木の2人が髪型などが似ていることが理由のようで、「葉加瀬太郎って聞いて頭の中にパパイヤ鈴木が出てきた」「葉加瀬太郎をおもいだそうとするとパパイヤ鈴木が邪魔するのは歯がゆい」などと同調の声が相次いだ。

 まさかの“飛び火”はパパイヤ鈴木に留まらず、茂木健一郎氏にも広がり、茂木氏は自らのブログで火消しを行った。

 茂木氏は、「葉加瀬太郎さんが、ご発言かなにかで、炎上されているようで、それが『飛び火』しているとツイッターで教えていただいて、見てみたら本当でした(笑)。あの、念のため、私は葉加瀬太郎さんではありません(笑)」と自らが葉加瀬ではないことを主張した。

 さらに、「ときどき、『あの、バイオリンを弾かれる方ですよね』とか、間違われることはありますが、あくまでも別人28号なので、そこのところ、よろしくお願いいたします」と葉加瀬に間違えられることがあると認めた。

 その上で、「葉加瀬太郎さんとは、お仕事でごいっしょしたことがありますが、とても素敵な方です。素敵な方ですが、どうか、私めと混同なさらないように。脳科学者の、お・ね・が・い。うふっ」と茶目っ気たっぷりに否定している。

この記事の写真
なぜかパパイヤ鈴木らにも飛び火

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)