高木里代子がジャズ専門誌の表紙を水着で飾る

水着姿で表紙を飾ったピアニスト高木里代子

 ジャス界に風穴を開ける“セクシーピアニスト”こと高木里代子が、ジャズ専門誌『JAZZ JAPAN』の表紙を水着で飾ることがわかった。2010年8月に創刊した同誌の表紙を水着で飾るのは史上初。新人としても初の表紙を飾ることになった高木は「画期的、先進的な考えに感謝の気持ちでいっぱい」と同誌の心意気に深い感謝の言葉を寄せた。

 セクシーピアニストが新たな金字塔を打ち立てた。昨年9月にジャスの名門フェス『東京JAZZ』の舞台に、ビキニ姿で登場し可憐なピアノ演奏を披露して脚光を浴びた高木。今度はなんと、JAZZ専門誌『JAZZ JAPAN』の表紙を水着で飾ることが発表されたのだ。

 これを実現した同誌編集長の三森隆文氏からは「素晴らしい音楽を、素晴らしいジャズを、世代・国境を超えたあらゆる音楽ファンに届けられるよう、全力疾走で突き進んで下さい。そこに高木里代子のジャズ、高木里代子の音楽が生まれると信じています」と高木の音楽者としてのスタンスに賛辞が寄せられている。

 高木もまた、「こんな 自由な表現を許してくださった『JAZZ JAPAN』さんの画期的、先進的な考えに感謝の気持ちでいっぱい」と感謝の気持ちをコメント。高木は17日、アルバム『THE DEBUT!』でメジャーデビューする。

記事タグ