三代目JSB岩田が先輩USAと語り合う

USA

 三代目 J Soul Brothersの岩田剛典が15日にインスタグラムで、昨年限りでEXILEを“卒業”したUSAとのツーショット写真を公開。前日の夜に「USAさんと色々語った最高の夜でした」とコメントを付けると、ファンから「何を語ったのか気になる」と反響が起きている。

 岩田は「Last night...USAさんと色々語った最高の夜でした」とのコメントや、「#EXILE」「#exileusa」「#テキーラナイト」とのハッシュタグをつけてツーショット写真を公開。黒のハット帽を被り、優しい笑顔をカメラに向けている。

 このツーショット写真に反響が起き、「珍しい2ショット」「手がメチャ綺麗ですね」「見た瞬間、胸がギュッとなりました」「素敵なツーショットありがとう」と感激のコメントが続々と投稿された。

 さらに、「なに語ったのか気になる」「中々珍しい組み合わせ どんな話をしたのか」「語った感が凄く伝わってくる」などと、レアな2ショットでどんな話をしたのか知りたがっている様子だ。

 USAは2月2日に39歳の誕生日を迎えている。ファンの中には、「がんちゃんは毎回メンバーの誕生日になると祝ってくれる何て優しいね!」「USAさんへの最高のBirthday Card ですね」などと読み解く声も挙がっている。

 USAは2015年限りで松本利夫、MAKIDAIとともにEXILEのパフォーマーを“卒業”。1月22日には3人の共著『キズナ』が敢行されている。その前日21日に岩田はツイッターで、「一足先に早速読破させて頂きました」と報告。「マツさんウサさんマキさんの生き様、そしてEXILEというグループの在り方が御三方の言葉で描かれていて、自分にとっては人生のバイブルともいえる一冊」と綴っている。

 岩田はUSAと直接言葉を交わすことで、先輩の“生き様”に触れ人生について語り合ったのかもしれない。

記事タグ