宮本佳林と荻野可鈴「コピンク」ラストライブへ意気込みを語る
INTERVIEW

宮本佳林と荻野可鈴「コピンク」ラストライブへ意気込みを語る


記者:編集部

撮影:

掲載:16年02月03日

読了時間:約22分

ラストライブにむけて

宮本佳林

宮本佳林

吉田豪 ラストライブに向けて、自分の楽曲以外でやりたいことはありますか。

宮本佳林 たくさんのアイドルさんが集まるイベントってすごく貴重じゃないですか。私達、Juice=Juiceも単独ライブをやらせてもらっているので、そういうところに行くとすごく刺激をもらえる。そのなかでもやっぱり、各グループからその時限定のユニットや曲ができたらいいな、やりたいなとは思っています。

吉田豪 Juice=Juiceはこういう対バンイベントの時って対抗心は燃やすんですか?

宮本佳林 そうですね。先輩のアンジュルムさんほどではないんですけど“やっぱり負けたくないよね”という気持ちを、みんなで気合入れの時に出していますね。

吉田豪 ハロー!プロジェクトの対バンは怖いぐらい気合が入っているときがありますからね(笑)。

宮本佳林 はい。福田花音さんに“ジュース全部搾り取ってやる”みたいに言われたことがあって。その時は結構ビビりました(笑)。“ジュースは絞り取れるけどスマイルは永遠(旧ユニット名のスマイレージをもじり)”と言われて。“やばいJuice=Juice頑張らなきゃ”と思いましたね。

吉田豪 ℃-uteの対バンも怖いぐらいでしたからね。

宮本佳林 ℃-uteさんはパフォーマンスを見ているだけで圧倒されてしまって。

吉田豪 ℃-uteが本気でくると全員潰されるぐらいの迫力があるんですよね。

宮本佳林 Juice=Juiceは“パフォーマンスで頑張っていきたいね”というのは言っていますし、良い意味でも比べてもらえる機会はそうはないので、対バンライブというのはやっぱり気合を入れて頑張っていますね。
あとはやっぱり私のコピンクとしてのオリジナル曲は昼公演・夜公演で分けてすべて歌いきるのでそこはしっかりと見届けてほしいです。コピンクちゃんとしての衣装も楽しみです。

吉田豪 荻野さんはどうですか。

荻野可鈴

荻野可鈴

荻野可鈴 ラストだからもう1回、クインセとして喋りたい。私、クインセとして何年もしゃべっていないから。クインセがどっか行っちゃったみたいな感じになっているから。歌だけでなく、クインセとして喋りたいなという願望はありますね。

吉田豪 あと、現在流れているコピンクスのテーマ曲「サヨナラチュー」はハロプロ研修生の小野田紗栞さんが歌っているわけですけど、実はそこに宮本さんも協力されているって噂を聞きましたよ。

宮本佳林 そうなんですよ。コーラスで参加させてもらいまして、その時のレコーディングにも、ナレーションも含めて一緒に行かせてもらって。ファンの皆さんも薄々気づいていたと思うんですけど、言葉の追っかけというか「サヨナラ」に「サヨナラ」をかぶせたりしています。小野田ちゃんとは離れた後輩で、研修の時期も重なっていないし、繋がりと言えば、ハロー!のライブとコピンクス!の収録ぐらいのもので。それで、小野田ちゃんの歌声を初めて聴いてびっくりして。その姿に嬉しさもあって。それもどこかで披露できたらないいなとは思っています。

吉田豪 それは当然コピンクのラストライブしかないですよね(笑)

宮本佳林 はい(笑)

児玉雨子 佳林ちゃんも曲を聴き込んでいてくれて、(小野田)紗栞ちゃんがレコーディングを終えた後に、(音源としては)出さないけど佳林ちゃんが初代コピンクverとして通しで歌ったんですよ。その時の紗栞ちゃんは“すごいです!”と感動していて。「カリーナノッテ」の時から歌は上手かったけど、更に上手くなったなと。表現力が段違い、各段に上がっていたので、本人の努力も才能もあってのことですね。

吉田豪 それ、無茶苦茶聴きたいんですけどどこかで解禁される機会は?

児玉雨子 それは分からないですね。解禁しないと思う。

吉田豪 それは配信で欲しいですよ。

児玉雨子 本当にあの場にいた人たちのお楽しみだけだったので。あの場では“佳林ちゃんの声が聴きたいな”となって。“聴きたいよね”、“うん”みたいな流れで歌ってくれたので、たぶん出ないと思うんですけど。贅沢なサプライズでした。

宮本佳林、荻野可鈴、児玉雨子

宮本佳林、荻野可鈴、児玉雨子

吉田豪 もったいないなー。でも、どうでしたか。久しぶりにコピンク楽曲を歌ってみて。

宮本佳林 この前のバースデーイベントで「リバース」を歌わせて頂いたんですど、本当にコピンク楽曲って私の中で重みがあるというか、安に触れてはいけない宝物という部分があって、簡単には披露したくないという気持ちもある。なので、コピンクのライブで歌わせてもらうことの重要度が自分のなかでは凄く大きいんです。そこに向かってコピンクへの気持ちを含めて皆さんにお披露目したいと思います。皆さんの前で歌う機会はそうそう多くないので嬉しいんですけど、コピンクとしての宮本佳林が最後になるというのがあるのでやっぱり、最高の歌声と動きを含めて、コピンクとしての宮本佳林を見てもらえたらなと思っています。

吉田豪 ライブは二部構成で、二部とも観ればコピンク楽曲が全曲聴けると聞いた瞬間、これはどっちも行かなきゃいけないなと思いました。

宮本佳林 ぜひ、コンプリートしてください。

区切りをつける理由

吉田豪

吉田豪

吉田豪 しかし、地方局の番組の企画が、よくこれだけ広がったなとはつくづく思いますよね。

児玉雨子 2014年9月の清水マリナート(静岡市清水文化会館マリナート大ホール)でのライブの時もすごく集まってもらえて。首都圏だったら結構な人が集まるけど、地方でやるから不安だったのも本当はあって。裏方も小粋な方が多くて、佳林ちゃんが「カリーナノッテ」を歌っていたときに、打ち合わせにはなかった流れ星の演出をやってみたり。今回のディファ有明でのラストライブもそうですけど、みんな練習して。あのライブも見て欲しかったし、あの時できなかったWカリンの歌唱とかも期待できるし、やっぱりライブはいいですね。

吉田豪 これまでは静岡まで行かないと見られない企画が多かったですよね。

児玉雨子 色んなお客さんに観てもらいたいと思うので都内での開催はいいですね。前回と同様に沢山の方が出るので、例えば、Juice=Juiceのファンが夢アドのステージを初めて見て夢アドの魅力を知ってもらえればいいし、夢アドのファンの方がJuice=Juiceの曲を聴いてJuice=Juiceの曲ってかわいいなって思ったり、Juice=Juiceや夢アドのファンでコピンクを知らなかったという人もいたら、これをきっかけに曲を聴いてくれればなとは思いますね。

吉田豪 コピンクが終わってしまう寂しさはありますか?

宮本佳林 寂しいですね。やっぱり.....。寂しい気持ちもあるんですけど、コピンクの楽曲ももちろん、「コピンク&コピンクス!」って触れられるようで触れられないような、そういう素敵さというかキラキラ感があるなと昔から思っていて。だから区切りがついて終わったとしてもずっと皆さんのなかにあるような感じがしているので、それは楽曲のお蔭でもあるし、暖かいスタッフさんに恵まれていたことでもあるし、前回のライブも含めて素敵なライブや企画があったからこそなのかなと思います。それは寂しいという気持ちよりもこれからも楽曲を大事に聞き続けて欲しいなという気持ちが強いですね。

吉田豪 荻野さんはいかがですか。

荻野可鈴 実感が沸かないというか、終わっちゃうんだという不思議な感覚ですよね。ずっとライブとかでも関わらせてもらっているので、コピンクス!が終わっちゃうんだという気持ちもありますけど、今まで作ってきた楽曲とかは残っていくし、これからも歌う機会はあると思うし、良い想い出というか、これから先もあの時こんなことがあったんだなって思い返せるような素敵なものが沢山残っているので、寂しいですけど寂しくないという不思議な感覚ですね。歌ったらもちろんコピンクス!のことを思い出せますしね。

児玉雨子、荻野可鈴、宮本佳林

児玉雨子、荻野可鈴、宮本佳林

吉田豪 一番想い入れがあるのは児玉さんでしょうね。

児玉雨子 コピンク楽曲の制作を続ける、続けないという話はあったんですね。今3代目の廣川奈々聖さんの段階で。この先、続けるかというのはみんな迷っていたというか。依田さんも思っていたのかな、私は一回きちっと終わらせたほうが美しいと思っていました。5代目、6代目と続けていくと、逆に佳林ちゃんが言っていたように、触れられるようで触れられないという貴重性、大切なものを忘れていってしまうかもしれないなって。一旦ここで、区切ったので。楽曲制作はここで辞めましょう、じゃあライブはという話はいい機会で持ち上がので、寂しいというよりもライブへの気持ちが高まっています。依田さんとは普段、真面目な話よりもアニメの話で盛り上がってしまうので、そこまできちっとは聞いていないけど、私も依田さんもここでペンを置いたねという気分ですね。作品というのは終わった後に出ていくものだから。でも、寂しいと思ってくれるのは嬉しいですね。このライブで最後だからぜひ沢山の人に観に来てもらいたいですよね。(チケットが)取れなくて悔しいという人が出てきたら嬉しいですね。「チケットがハケちゃって、ごめんね」という感じ(笑)。

吉田豪 コピンク関連イベントって、後に映像で見られるかどうか分からないという不安もありますよね。

児玉雨子 (映像で)残すんですかね。コピンクのスタッフの雰囲気は残さなそう。私も含めて残さないという美観をもったスタッフが多いから。

吉田豪 コピンクのデビューライブも一部しか公開されてないですからね。

児玉雨子 あっ、その駿府城公園での初ライブの映像と、昨年の清水マリナートのライブ映像は2/29に阿佐ヶ谷ロフトで行われるスタッフ裏話トークイベントに来て頂ければ全編ではないですが、会場で観れるみたいですよ。
本当に(会場に)来ないとみれない。DVDあるからいいというわけでなく、一期一会ですからね。私も出ますのでぜひ!

吉田豪 3月12日『ピンクス&コピンクス!ラストライブ2016』、必ず行きます!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事