今年メジャーデビューする次世代アーティストが東京でお披露目(撮影・KEIKO TANABE)

今年メジャーデビューする次世代アーティストが東京でお披露目(撮影・KEIKO TANABE)

 2月3日にメジャーデビューする18歳女性ユニットのSoftly(ソフトリー)と、3月9日にメジャーデビューする3人組ボーカルユニットのベリーグッドマンが1月27日、東京・J-SQUAREで行われた『ARIGATO MUSIC presents 39 Live!! vol.1~New year's party~』に出演、メジャーデビュー前にお披露目を行った。このイベントは彼らが所属するARIGATO MUSIC主催のイベント。この日は300人の観客が訪れた。他にも所属バンドのホタルライトヒルズバンドとシンガーソングライターの中村千尋が出演。計4組が出演し、イベントを盛り上げた。

若干18歳のシンガーソングライターユニットSoftly

Softly(撮影・KEIKO TANABE)

Softly(撮影・KEIKO TANABE)

 Softlyは2月3日に「キミがいい」でメジャーデビューする北海道・苫小牧出身の18歳、女子2人組のシンガーソングライターユニット。透き通った伸びやかな歌声を持つボーカルのMUTSUKIと、繊細なギターと美しいコーラスでハーモニーを奏でるギター・コーラスのHARUKAが、10代女子の等身大の気持ちをポップなメロディに乗せて届ける。地元北海道のタワーレコードでは、自主制作CDを2000枚以上売り上げた。

 「Softly始まるよ」とMUTSUKIが囁くとオープニングナンバー「Girl’s talk」でSoftlyのステージは幕を開けた。「東京に着いたら暑くて、雪がなくてびっくりした」とHARUKAが語ると「私の部屋みたいな気温でした」とMUTSUKI。そこにHARUKAが「けっこう寒い部屋だね...」とつっこむ。Softly独特の空気感でほんわかとしたMCも見どころだ。ホッとできるような空間に会場もリラックスムード。

 続いて、昨年、北海道のX’masキャンペーンソングにもなった「その笑顔を見ていたくて」。目を閉じて詞を噛み締めるかのように想いを込めて歌うMUTSUKI。時折2人が顔を合わせ見つめ合う姿も印象的であった。思わぬ場面で好きな人に出会ってしまう、そんな女子のあるあるを歌ったデビュー曲「キミがいい」では、10代の2人らしいリアリティのあるポップな楽曲でオーディエンスを魅了。全5曲を丁寧に、時に力強く歌い上げ、Softlyの2人はステージを降りた。

ベリーグッドマン、デビュー曲を東京で初披露

ベリーグッドマン(撮影・KEIKO TANABE)

ベリーグッドマン(撮影・KEIKO TANABE)

 そして、この日のトリを務めたベリーグッドマンは3月9日に「ありがとう〜旅立ちの声〜」でデビューする大阪出身の3人組ボーカルユニット。2014年にリリースされたインディーズアルバム3枚とデジタルシングル「コンパス」がiTunes総合チャートですべてがトップ10入り。キャッチーな楽曲とメッセージ性の強い歌詞、そして、Rover(Vo.Gt.Tp)、MOCA(Vo.MC)、HiDEX(Vo.Pf.Gt.Perc.TrackMaker)の3人から発せられる美麗なハーモニーで訪れたオーディエンスを魅了した。

 オープニングから3人の美しいハーモニーを聴かせてくれたベリーグッドマンに大きな歓声が巻き起こった。「Good Time」のようなアッパーチューンでは、地元大阪でのストリートライブで培ってきたパフォーマンス力で会場をひとつにしていく。MOCAが客席に乱入。更に観客をステージに上げ、共に踊りライブを盛り上げていった。

 そして、Rover(Vo)が、5歳の時に亡くなった父親の残した作文から生まれたデビュー曲「ありがとう〜旅立ちの声〜」を東京では初披露。切ないピアノから壮大なストリングスというスケール感を感じさせるアレンジと、そのメッセージ性の高い楽曲にオーディエンスも耳を傾けているようだった。

 ラストは彼らの人気曲「コンパス」を披露。ピースフルで希望感あふれる楽曲でライブを締めくくった。3人の魂を揺さ振るような熱い歌声は、会場に訪れた観客を魅了。『ARIGATO MUSIC presents 39 Live!! vol.1~New year's party~』は盛況のうちに幕を閉じた。

 未来の音楽シーンを担っていくであろうアーティスト達の共演は、大きな可能性を感じさせたライブであった。Softly、ベリーグッドマンの物語は始まったばかり、この2組の更なる成長に期待したい。(取材・村上順一)

セットリスト

▽Softly
M-1.Girl’s talk
M-2.それでも歩く道
M-3.その笑顔を見ていたくて
M-4.キミがいい
M-5.Maybe〜どうでもいいの〜

▽ベリーグッドマン
M-1.アカペラ
M-2.ミクロコスモス
M-3.ライトスタンド
M-4.Good Time
M-5.Brand New World
M-6.ありがとう〜旅立ちの声〜
M-7.コンパス

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)