大森靖子

大森靖子

大森靖子

 こちらも先ほどの2組に張り合うかの様にサウンドチェックでアピールする。本番に演奏される筈もない平井堅の「POP STAR」やレミオロメンの「粉雪」を幕の向こうで大森が披露するサービス。姿は見えないがこういうハプニングもライヴならではの楽しみだろう。

 幕が開くとそこにはスタンバイ済の大森をはじめとしたバンドメンバーたち。大きな歓声が起こる。会場は超満員だ。「呪いは水色」を弾き語り始める大森。白い衣装に髪型はボブというガーリーな外見にあどけない声が印象的だ。バンドもじりじりと入ってきた。1曲目から歌い上げる様な曲である。

 演奏陣はギター・直枝政広 (カーネーション)、ギター・畠山健嗣 (H MOUNTAINS)、ベース・tatsu (LA-PPISCH)、キーボード・奥野真哉 (ソウル・フラワー・ユニオン)、ドラム・ピエール中野(凛として時雨)。全バンド機材総入替えの転換は大変だったろうが、流れはスムーズだった。お見事。

 「こんばんは!大森靖子です」と告げてから、ギターをかき鳴らしてノイズを出す。少し間をとってから「マジックミラー」のイントロを歌いだした。先ほどのあどけなさが段々と狂気に感じられてくる。メジャー調の明るい曲なのだが大森の歌が異様なために明るく聞こえないのが不思議だ。爆発力のあるサビではギターを後ろに回して手ぶらで歌った大森。その異様性を演出するためだろうか、鍵盤はちょっと音を外した様なアレンジが施されていた。

大森靖子

大森靖子

 ぼそぼそとした早口のしゃべり方でのMCを短く挟んで、そのまま新曲だという「愛してる.com」へ。イントロで「愛してるよ」と可愛いくつぶやく大森。曲は可愛いらしいガーリーな感じなのだがやはり大森のテンションの高い、憑りつかれた様なパフォーマンスが良い意味のギャップを生み出していて引き込まれてしまう。

 さらに新曲を畳みかけていく。「生kill the time 4 you」と名付けられたこの曲はキャッチーなサビから始まる。途中で三拍子になるアレンジも効果的。ちらっとフロアに目をやると先ほどまで積極的だったオーディエンスの手が上がっていない。彼女のエキセントリックなライヴに呆気に取られてしまっているのだろうか。しかし曲が終わると、枷が外れたかのように格別大きな歓声が贈られた。

 そして何とここから大森ひとりによるポエトリーリーディングが始まる。タイトルはその名も「さっちゃんのセクシーカレー」。少々過激なリリックにばかりつい耳がいってしまうのだが、身振り手振りと声色とまくしたてる早口で自分の世界観やリズムを形成させる。ドラムが無くたって彼女は大丈夫だ。

 リリカルなピアノのイントロから「焼き肉デート」へ。抑制されたAメロBメロから開けた様なサビを持つ曲だ。間奏で演奏が調性を突き破る様がクールだった。大森が早口でまくしたてた後に飛び出すシンセサイザーによるソロはまた極上。さらにモニターに足をかけて女子らしからぬアピールも披露した大森。この辺になるとオーディエンスは彼女を見上げる様に手を伸ばしている。

 すぐさま「イミテーションガール」へ演奏は移行。イントロ部分でのシンセサイザーが最高なダンスチューン。イントロの虹色照明の中で踊る大森が艶やか。その姿は天使の様な小悪魔?それとも小悪魔の様な天使?もうわからなくなっている。とりあえず先ほどからシンセの音色が素晴らしいが、これらは少ないリハで考えたのだろうか。サウンドが作り込まれている気がする。

 アウトロではタイトルにもある「イミテーションガール」というフレーズをリフレイン。転調も挟みながら繰り返された。もう死ぬまで聴いていたいぞ、と思う様な天国性がそこにはあって、ポップ指数は振り切れていた。なにも歌がスキルフルというわけでは無いのだ。ピッチも正確というわけでは無い、寧ろ積極的に外したりもする。ただ彼女の生み出す音、歌、リズムが説得力とポップ感覚とある種の切なさを持って我々に迫って来た。

 「きゅるきゅるー!」というシャウトからスタートしたのはそのままのタイトル「きゅるきゅる」。キュートな振付を披露する大森。フロアも一体となってサウンドに身を委ねていく。

 続く「ミッドナイト清純異性交遊」ではピンクのサイリウムを振り回すオーディエンスに向かって大森がダイブ。しっかり前列に受け止められていた。曲のリリックも秀逸でユーモアを含ませながら、強烈なパンチラインを繰り出す。演奏が終わりをむかえ「ありがとうー!」と叫ぶと大きな歓声が会場を包んだ。

 ここでMC。軽妙な口振りで、四国八十八箇所と山手線の類似性を早口で説明し笑いをとる大森。その内容も中々面白く、そういう頭の回路にも感心させられる。ひと通り話すと「今いい感じなんですよ私」と意味ありげに笑った。その姿にオーディエンスは熱狂。大森のキャラクターが持っている勢いというかグルーヴというか、場を持っていく力はちょっと尋常じゃない。

大森靖子

大森靖子

 ラストは3月にリリースするニューアルバムに収録されているという「TOKYO BLACK HALL」。アコースティックギターが入ることで少し抑制されたサウンドになる。しかしこぢんまりした感じではなく、ところどころ3拍子が挿入されるトリッキーなアレンジであまのじゃくっぷりも発揮。それでもポップに仕上がっていて良いバランスだった。エンディングは伸びやかなギターのフレーズで幕を閉じる。深くお辞儀して退場する大森に贈られる惜しみ無い拍手とアンコール。

 程なくして彼女はギターをぶら下げて再登場。

 彼女はシンプルながらキャッチーなコードのループを提示すると早口で「絶対彼女」を弾き語り始めた。外見はあどけないがギターは上手。私は個人的にただの早口歌唱をラップという風潮には反対派なのだが、彼女のそれはヒップホップ風ではないがフロウするし、ラップと言ってしまって良いと思う。

 「絶対女の子、絶対女の子がいいな」と途中で女子とおじさんとに分けてコール&レスポンスする。最後は全員で合唱。

 最後にもう一曲だけ「君と映画」。途中で「間違えた」と演奏を中断するも、特に間違っていないと前列から指摘されてしまった大森。しかし「合ってた?合ってた?損したー」と演奏再開。このハプニングひとつとっても見事な立ち振舞いで流れが切れない。ミスもパフォーマンスの中に組み込んでしまってしまう器量である。最後はオフマイクによるパフォーマンスも見せて、イベントの大トリとしての役目を見事に果たした。

 この日のライブで記者が感じたことは、三者三様で見どころ満載の一夜だったことだ。スペースシャワーTVには今後もこの様なユニークなイベントを是非とも続けていってほしいところだ。(取材・小池直也)

記事タグ