大森靖子ら個性派揃いのミュージシャンが貴重な一夜を奏でた

大森靖子ら個性派揃いのミュージシャンが貴重な一夜を奏でた

 【ライブレポート】スペースシャワーTVが主催するライブイベント『SPACE SHOWER 3rd PLACE vol.4』が26日、東京・恵比寿リキッドルームで行われた。イベントのテーマは、家と職場あるいは学校を行き来する日常生活のなかでリフレッシュできる3つ目の場所をとして音楽空間をつくろうというもの。第4回目となる今回はGLIM SPANKY、黒木渚、大森靖子の個性派3組がブッキングされた。3組ともバックに様々なバンドや一線で活躍するミュージシャンを擁した特別編成での演奏が目玉となっている。とても貴重な夜となったこのイベントをミュージックヴォイスが以下にレポートする。

GLIM SPANKY

GLIMSPANKY

GLIMSPANKY

 開演前からフロアは既に一杯。ところ狭しと並んだオーディエンス。少し動けば隣に当たってしまうような状態である。怪しげなSEとともにGLIM SPANKYが入場すると、大きな歓声が挙がった。

 暗がりの中で亀本寛貴が弾くノイジーなギターのサウンドチェックが聴こえる。その歪んだギターでお見舞いするワイルドなリフでライヴは幕を開けた。リフがそのままタイトルになったかのような「ワイルド・サイドを行け」である。

 ヴォーカル・松尾レミの低めのハスキーな声がセクシー。彼女を何かに例えるとするならば、女性版の浅井健一とでもいったところだろうか。赤いリッケンバッカーをかき鳴らしながらピンクのスカート、真ん中分けのヘアスタイルという色々とちぐはぐなのもまたいい。楽曲にも2コーラス目のAメロにブレイクがはさまるアレンジなど細部に工夫が施されていた。Aメロで終わるクールなエンディングの後、松尾は「こんばんは、GLIM SPANKYです」とこれまたクールにつぶやいた。

 そのまま爆発力のあるサビを持つ「誉めろよ」へ。手をあげてノリノリのオーディエンスたち。この日のGLIM SPANKYのサポートメンバーはベース・栗原大、ドラム・かどしゅんたろう、となっている。曲中、両脇から見合せてコンタクトをとる亀本と栗原がいい感じだ。アウトロでは火を吹く様なギターソロがまた挿入される。

GLIMSPANKY

GLIMSPANKY

 全くMCも挟まずに「リアル鬼ごっこ」に繋げる。イントロでエレキパーカッションも鳴らされたそこから松尾の声質が引き立つAメロへ。曲中、フロアに向かってクラップを求める亀本。素直に答える観客たちは少し細かいリズムを見事にユニゾン。若干高い位置でベースを構え、淡々とした様子で太いベースラインを出す栗原。

 その後も「夜明けのフォーク」、どこか懐かしさと爽やかさを感じさせる「サンライズジャーニー」と続けていく。にしても今夜のリキッドルームは音が良い気がする。バンドの力量もあるだろうが、ピシピシ音が飛んでくるのは音響やスタッフの優秀さもあると思われる。

 そして食い込んだリズムでファンキーなギターリフが入る「NEXT ONE」。ギターのリフとヴォーカルが重なる場面もあった。スペースを上手く使ったサビのメロディラインも特徴的。どの曲も飽きさせない仕上がりになっている。

 「ライヴって最高だね、凄い楽しい」とここで、ようやくまとまったMCが挟まれた。大学卒業の頃、ミュージシャンを志望したという松尾が色々な葛藤を明かしてから「キッズの魂を持ち続けている大人や子供たちに向けて最後に歌います」と「大人になったら」でセットリストを締めくくる。

 クリーンなギターで弾き語る松尾。フォーキーな雰囲気だ。その後、ギターをきっかけにしてバンドも合流してくる。サビでは先ほどのMCで語られていた様な等身大の歌詞によって松尾のハスキーヴォイスが切なさの衣をまとい、より迫ってくる。最後のサビの前で一度ブレイクするなど、ドラマティックなアレンジで盛り上げるバンド陣。照明もそれを手伝う。乱れる様にエンディングへ着地した。

記事タグ