マキタスポーツがFly or Die発売記念イベント

発売記念イベントに出席したマキタスポーツ扮するダークネス(撮影・小池直也)

 マキタスポーツがプロデュースするヴィジュアル系ロックバンドの「マキタスポーツ presents Fly or Die」が23日、都内で1stアルバム『矛と盾』の発売記念イベントを行った。イベントにはボーカルのダークネス、ベースのユダ、ドラムスの内野くん、ダンサーのたまこが登場した。

 囲み取材には、赤い派手な衣装をまとったダークネスが応じた。マキタスポーツ“譲り”のお得意のトークは今日も健在。終始笑いが止まない取材となった。早速、「念願のデビュー。ずっとヴィジュアル界に進出したかった。待ち望んでいた方もいると思いますから『来たよ』と言いたい」、「私はダークネス。千年の時空を飛び越えてやってきた」と優雅に挨拶。

 しかし、記者から千年も前にこんな衣裳があったのかという水を差すツッコミを入れられると「素朴な疑問を言うんじゃないよ」と反撃して笑いを誘った。

 ヴィジュアル系に憧れがあったのか、という質問には「ありました。かれこれ10年以上前から思っていたんです。でも下積み時代からずっとやっているバンドメンバーには中々言えないんですよ。長年連れ添った奥さんにいきなりセーラー服着てくれっていう様なもので」と独特の言い回しでユーモアに例えると「でも、ある番組をきっかけにメンバーに言ったら意外と乗ってくれた」と語った。

 また、好きなヴィジュアル系バンドとしてLUNA SEA、GLAYを挙げた。「GLAYのTAKUROさんとは個人的に親しくさせて頂いて、結構認めてくださっているんですよ。恩返しとして逆にGLAYさんに負けない様に頑張りたいと思ってます」と意外な交友関係も明かした。

 更に、「ヴィジュアル系と普通のJポップの間に立って橋渡しができたらな、というのが一番。ヴィジュアル系は敷居が高いイメージがあるので敷居を下げたい」と意気込みも語った。

 この日は、バンドメンバーからたまこを含め4人しか登場しなかった。そうした状態に、最近日本が話題になった人気グループの解散騒動に絡めて、分裂ではないのかと指摘を受けると「分裂ではありません、ましてや謝罪でもありません。詳しくはLINEで書くのでそれをスキャンしてください」と時事ネタを盛り込んだ冗談を飛ばし、ミュージシャンらしくないサービス精神を見せた。

 アルバムタイトル「矛と盾」の意味に関しては「今の時代、みんなが楽しめるものってあんまりないですよね。でもみんなが楽しめるっていうものほど矛盾している物も無い。でもその矛盾に取り組む」とした。最近、矛盾を感じたこととしては「結構世の中は矛盾が多い。そりゃあ明るいキャラクターの女の子も恋をしますよ。清廉潔白なイメージで通っていても」と芸能界の“不倫騒動”をネタにした。

 その後のミニライブではアルバムの中から3曲が演奏された。(取材・小池直也)

この記事の写真
マキタスポーツがFly or Die発売記念イベント

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)