亡くなったはやしこばさが2011年に発売した「はやし・こば CM WORKS」

作曲家のはやしこばさん死去

亡くなったはやしこばさが2011年に発売した「はやし・こば CM WORKS」

 作曲家で編曲家のはやしこば(本名・小林郁夫)さんが11日に、敗血症のため死去した。80歳だった。はやしこばさんは「ガンバラナクッチャ」(新グロモント)、「タンスにゴン」(金鳥ゴン)など70年代~80年代にかけて一世を風靡したヒットCMの音楽を手がけた。

 はやしこばさんは三木鶏郎門下生としてCM音楽の作曲を開始。「ガンバラナクッチャ」(新グロモント)、「タンスにゴン」(金鳥ゴン)、「禁煙パイポ」(アルマン)、「いいことあるぞ」(ダスキン/ミスタードーナツ)、「味なことやるマクドナルド」(日本マクドナルド)、「毎度毎度のおさそいに」(大正製薬)、「こてっちゃん」(スタミナ食品)など数多くのヒット作のCMソング・サウンドロゴを手がけた。

 CMソング以外にも「ヤセタンとコロンタン」(ひらけポンキッキ)、アニメ作品として『かいけつタマゴン』、『とんでも戦士ムテキング』『ダッシュ勝平』などを作曲。そのほか出演映画として『東京夜曲』(市川準監督)、『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督、河の神様役)がある。

 通夜は1月18日午後6時から、葬儀告別式は1月19日午前11時から、代々幡斎場(渋谷区西原2・42・1)で執り行われる。喪主は、故人の長男・小林陽一さん。

略歴

 本名・小林郁夫。昭和10年7月27日、東京生まれ。東京都立大学では心理学科音楽心理学を専攻する。在学時よりモダンジャズのピアニストとして在日米軍キャンプのクラブなどに出演。その後ラジオ、TV、レコードなど音楽制作に関わるようになった。NHKの各番組や国際放送音楽番組などで作・編曲、演奏を担当。東芝EMIの専属作家を経て、三木鶏郎門下生としてCM音楽の作曲を始めた。やがて独立し、コバ・ミュージック出版株式会社を設立。

 ほかにバイオミュージック(音楽療法)の研究や日本音楽著作権協会特別正会員としても活動。著書に「オタマジャクシ村への招待状」(87年:大阪書籍刊)、CM音楽作品集に「はやし・こば CM WORKS」がある。

 代表作としてCM音楽に「ガンバラナクッチャ」(新グロモント)、「おトイレソング」(藤沢製薬/ピコレット)「タンスにゴン」(金鳥ゴン)、「いいことあるぞ」(ダスキン/ミスタードーナツ)などがあり、CMソング以外にも「ヤセタンとコロンタン」(ひらけポンキッキ)、アニメ作品として『かいけつタマゴン』、『とんでも戦士ムテキング』『ダッシュ勝平』など。そのほか出演映画として『東京夜曲』(市川準監督)、『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督、河の神様役)がある。

この記事の写真
作曲家のはやしこばさん死去

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)