中森明菜6年振り作品に秘められた思いとは【2】

中森明菜の6年ぶりオリジナルアルバム「FIXER」

 歌手の中森明菜の6年4カ月ぶりとなるオリジナルアルバム『FIXER』が6日配信され、レコチョクデイリーランキングで自身初となる1位を獲得した。1年をかけて制作されたこのアルバムは、2015年のベストソング集と呼ぶにふさわしく、中森の新境地が垣間見える野心作に仕上がっている。

 オリジナルアルバム『FIXER』は、歌姫・中森明菜が眠る時に感じる“真の思い”を詰め込んだ作品。制作期間は1年に及び、華やかさと繊細さを併せ持った表情豊かなサウンドが特徴だ。まさに2015年のベストソング集と呼ぶにふさわしいアルバムといえる。

 さらに、中森のオリジナルアルバムとしては6年4カ月ぶり。6日に配信がスタートされたが、自身初となるレコチョクデイリーランキング1位を獲得した。

 また、オリコンでも週間アルバムランキング7位(2016年1月11日付)に初登場。オリジナルアルバムでTOP10入りを果たしたのは、1995年8月7日付で『アルテラシオン』(95年7月発売、最高7位)が10位を獲得して以来20年5カ月ぶり。CDとデジタルの両方で好調なスタートを切っている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)