<第66回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール>
 関ジャニ∞の村上信五が、ジャニーズ事務所の先輩、TOKIOから衣装のダメ出しを喰らった。

 TOKIOの出場場面でそれは起こった。有働由美子アナウンサーとともにTOKIOと居並んだ村上は、「僕だけ衣装がやかましいんですけど…」とコメント。この日、関ジャニ∞は楽曲「前向きスクリーム!」の歌唱を終えており、その際に着ていたカラフルな衣装を着用。全員がシックな装いでキメていたTOKIOの5人とのコントラストは鮮明だった。

 これに国分太一が反応。「先輩より目立たないように」とツッコミを入れ、先輩としての威厳を示すと、村上は「本当にすいません。申し訳ないです」と恐縮しきりだった。

 ただ、村上は負けじとトークを展開。「TOKIOの皆さんは仲が良いじゃないですか、特にリーダーがしっかりしている」とTOKIOのリーダー・城島茂に話をふると、城島は「わかってらっしゃる」などと満更でもない様子で応じていた。

 TOKIOが歌唱準備に入ると、村上は再び、「すいません。衣装で怒られるという不祥事を…」などと反省。司会の有働由美子アナウンサーは「先輩後輩のやりとりがありましたが」と軽いツッコミを入れながら、「TOKIOの皆さんの魅力とは?」と質問を投げかけた。

 村上は「日本全国どこに行かれてもTOKIOさんのカラー、地元の皆さんに溶け込める個性は本当に素晴らしい。後輩として見習わないと」と敬意をこめて先輩をステージへ送り出した。

記事タグ