『第57回輝く!日本レコード大賞』の最終審査会が30日、TBS系で放送され、グランプリにあたる日本レコード大賞に、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Unfair World」が輝いた。昨年の「R.Y.U.S.E.I.」に続く、連覇を果たした。今市隆二は壇上で「自分たちに関わってくれているすべての人に感謝したい」と喜びを伝えた。

 「レコ大」大賞候補となる優秀作品賞には、AAA「愛してるのに、愛せない」、西内まりや「ありがとうForever...」、氷川きよし「愛しのテキーロ」、三山ひろし「お岩木山」、西野カナ「トリセツ」、AKB48「僕たちは戦わない」、きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」、水森かおり「大和路の恋」、ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」が選出されていた。

 今回、大賞連覇を果たした三代目JSBの今市は、「心から嬉しいです。自分たちに関わってくれているすべての方に感謝していますし、メンバーに感謝したいと思います」と喜びをコメントを寄せた。

 さらに、司会の安住紳一郎アナから「去年は『R.Y.U.S.E.I. 』でアップテンポ、今年はバラードで挑戦でしたね」と尋ねられると、「そうですね。もともと自分たちの武器でもあったバラードでもあるので、勝負できて良かったです」と胸を張り、「Unfair World」を情感たっぷりに歌い、そしてパフォーマンスした。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ