紅白の会見

紅白の会見

 第66回NHK紅白歌合戦(31日、午後7時15分)のリハーサルが30日、NHKホールで行われた。紅白に23回目の出場で「This is SMAP メドレー」を歌うSMAPは、今年1年で印象に残った点を「のど自慢」にメンバーで出演したことを挙げ、更に紅白で締めくくる今年を漢字一文字で「歌」と表した。

 SMAPの今年の演出について草なぎ剛は「戦後70周年でそれにあった演出になっている。歌もいい選曲になっている」と語った。白組司会の井ノ原快彦(39)について聞かれると香取慎吾は「同い年で子供の頃よく遊んでたので、イノッチに頑張って伝えたいですね」と語った。

 一方の中居正広は、過去にテレビ番組で井ノ原の名司会ぶりをみて「誰かに教わっているのかなと思うぐらい良かった」と感心したことを明かした。また、黒柳徹子にも触れ「黒柳さんの自由な魅力を全面に出して欲しいなと思いますが、イノッチが結構しっかりしなきゃいけないのかな。でも楽しみです」と期待を寄せた。

 木村拓哉はこの1年を「1年の締めくくりとして紅白のリハーサルだったりとか、ルーティンに今年も参加できてること自体がものすごく名誉なことだなと改めて感じた。それを再確認できる紅白ですね」と述べた。

 1年を振り返って漢字一文字で表すとの質問に、中居は「もういいんじゃないですか、“草”で」とメンバーの苗字の一文字を上げると、稲垣吾郎も「僕は稲ですね。生命と潤いを与えるエコロジーですね」と語った。

 更に中居は、「ここに森がいましたけどね」とかつてのメンバー、森且行を挙げた。「中居さんは?」という質問には「僕はその“中”にいます」とうまくまとめた。SMAPとしての漢字を聴かれると稲垣が「でものど自慢大きかったですよね。じゃあ歌でどうですか。最後も歌で締めくくるし。中居君さえよければ(笑)」。これに中居は「稲垣さんが言うんだったら、曲げられないでしょ」と歌が重要な一年になったことを語った。

 のど自慢について稲垣は「みんなでこういう経験もなかったし、地方に行って小さなホテルに泊まったりするのも懐かしいなと思ったり、それがやっぱり今年は結構大きかったのかな」と語ると中居が「小さいお部屋という感じが印象悪いんですけど、これは絶対使ってください」と笑いを誘った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)