<紅白リハ>小林幸子【1】

紅白のリハーサルに出席した小林幸子

 第66回NHK紅白歌合戦(31日、午後7時15分)の公開リハーサルが29日、NHKホールで行われた。4年ぶりの紅白でボカロ曲「千本桜」を歌う小林幸子は「ネットユーザーを中心に愛されている曲。こういう曲もある。面白い音の世界を聴いてもらい楽しんで欲しい」と語った。

 小林と言えば巨大で華やかな衣装。ブログでも「大きいです」と綴っていたが、この日は「搬入」とうっかり口を滑せ「言ってしまいました」とおどけてみせたが、「すごいことになっている。喜んでもらえると思う」と自信をのぞかせた。

 4年ぶりに紅白復帰となる。周囲からは「ラスボスが帰ってきたという認識があるみたい」。紅白について「歌番組ではなく、日本一の素晴らしいステージ。(紅白の舞台から)離れていたから分かる。紅白の初ステージの時も特別企画として出演した。あの時と同じ枠。盛り上げたい」と意気込んだ。

 また、「千本桜」については「ネットユーザーを中心に人気を集めている曲。こういう曲もあるのかと感じてもらえたら嬉しい」と語り、「音楽は音を楽しむと書く。世知がない世の中だけど、音を楽しむ、歌を楽しむという気持ちで臨みたい」とも述べた。

記事タグ