見たこともない迫力のリズムが生まれたフレデリズムツアー(撮影・上飯坂一)

見たこともない迫力のリズムが生まれたフレデリズムツアー(撮影・上飯坂一)

 【ライブレポート】3人組ロックバンドのフレデリックが22日、東京・恵比寿のLIQUIDROOMで、全国ツアー『フレデリズムツアー2015』のファイナル公演を行った。9月にメンバーが脱退して現体制になった。自身初の全国ツアーは、その失ったリズムを新たに求めて“創生地”である兵庫を皮切りに全国9カ所を巡ってきた。各地で観客と作り上げてきたリズムは10公演目となるこの日夜、ライブハウスを揺るがす程のとてつもない音の律動を放ち、新たなフレデリックの形を映し出した。その手応えは、三原康司(B)と赤頭隆児(G)の笑み、そして、三原健司(Vo)がライブ終わりに語った「俺たちはここから始まります」という言葉からも感じられた。今後、彼らを語る上で重要な1日となったこの日の模様を以下にレポートする。(取材・木村陽仁)

これまでを辿るセトリ

撮影・上飯坂一

撮影・上飯坂一

 超満員の会場は既に心を弾ませる観客のざわめきが舞っていた。ゆっくりと明かりが落とされると、インディーズ時代にリリースしたアルバム『うちゅうにむちゅう』の1曲目「パパマーチ」を連想させる、アミューズメントパークにいる様な心躍るサウンドが流れ出す。そして、一瞬のブレイクを挟んで、その2曲目に収録のフレデリックサウンドを象徴するファンキーな「SPAM生活」が届けられた。

 この日のセットリストは、彼らのこれまでの軌跡を辿るような構成だった。縦揺れや横揺れ、ブレイクや変調、緩急など多彩な“球種”を巧みに使い分け、観客を翻弄ならぬ昇天させるディスコロックミュージックを展開した。そして、観客は跳ねに跳ねて、跳ねまくり、手を打ち、打ち続け、打ち鳴らした。

 観客と作るグルーヴが渦巻いた。その光景はもう「祭り」だった。康司のコーラスにも力が入る。健司は「そや!」と煽る。それを合図に隆児と康司がモニターに乗りタイミングを合わせて楽器を振る。

 彼らの飛躍の原動力となった定番曲「オドループ」は3曲目に届けられた。いつもよりもエコーがかかる隆児のギターフレーズ。そして、健司が叫ぶ。「踊っていない恵比寿が嫌いです」。早々に届けられた彼らのキラーチューンに観客は狂い喜んだ。その一方で、この楽しい時間が足早に過ぎていくことを惜しんだ。

 カスタネットを叩くシーンでは観客が一斉に手を挙げて叩いた。隆児がそれをみてカスタネットをプレゼント、更にモニターの上に乗ると「あなた!あなた!」というフレーズを指さしポーズでのった。観客もこの一体感を喜んだ。3曲目で既に彼らが求めていた新しいリズムは、観客の手を叩く音として生まれていた。

満足感のざわめき

撮影・上飯坂一

撮影・上飯坂一

 序盤を終えての小休止は通常なら静まり返るものだが、ざわめきが起こっていた。それはジェットコースターを終えた後の興奮にも似ていた。観客はこの達成感を隣の人と共有して楽しんでいた。

 そして、康司が話す。「ファイナルです。長い長い時間を待ってくれた。その気持ち離さないように今日1日よろしくお願い致します」。

 軽めに挨拶を済ませると宴を再開させた。最新アルバム『OTOTUNE』収録曲「FOR YOU UFO」では軽やかなリズムが舞う。80年代のファンクが漂う「真っ赤なCAR」では健司がギターを置き、両手を広げ、モニターの上で妖艶に体をくねらせながら歌った。

 一転、ゆったりとしたリズムで始まったのは「ふしだらフラミンゴ」。手を使ってフラミンゴを形態模写をする健司に合わせ、観客も手を挙げてゆらゆらとする。更に健司は「フラミンゴこっち向いてくれよ」の歌詞を「フレデリズムツアーこっち向いてくれよ」と変えて、「ファイナル恵比寿やってまいりました。俺たちはあなたと踊りたいんです。踊っていこうぜ」と煽った。

記事タグ