SNH48兼SKE48の宮澤佐江(25)が16日にフジテレビ系で放送された『FNS歌謡祭』に出演し、AKBグループからの卒業を発表。同期のNMB48梅田彩佳をはじめグループのメンバーは続々とツイッターに宮澤への思いを書き込んだ。

 AKB48渡辺麻友は「さえちゃん、、、」、田野優花は「宮澤さん。。」と短くつぶやき、宮澤の卒業発表をしんみりと見届けた。

 AKBグループ総監督に就任したばかりのAKB48横山由依は「さえちゃん見ました! 決意をした人はいつも美しい」と綴り、AKB48とNGT48を兼任する北原里英は「さえちゃん、見てたよ! かっこよかったです。あー、大好きだよー、、」と敬意をこめてツイートした。

 さらに、AKB48柏木由紀は「さえちゃーん。。観てました」と卒業発表のシーンを振り返りながら、「さみしくなるねー。。さみしいけど心配はしてません あのさえちゃんだもの。大丈夫」と太鼓判を押し、「卒業までもっともーっとかまってもらおっと笑」と優しく綴った。

 NMB48渡辺美優紀は、「宮澤佐江さんが卒業発表をされ、すごくびっくりしたし、寂しい気持ちです、、」と驚きの声を挙げ、「まだまだたくさん学びたい先輩なのです」としょんぼり。

 また、宮澤の在籍するSKE48の歌唱後、T.M.Revolutionの西川貴教と楽曲『HOT LIMIT』を熱唱したAKB48高橋みなみもツイッターを更新。「FNS歌謡祭での重大発表はさえちゃんの卒業発表でした」と、放送前からネット上などで話題になっていた“AKB48の重大発表”が宮澤の卒業報告だったことを明かし、「言葉の端々に緊張感が凄くあって私も裏でドキドキしていました」と宮澤の様子を伝えた。

 その上で、「さえちゃんの伝えたい事伝わったよ 書ききれないことばかり さえちゃんの夢に向かっての一歩を応援したいと思います」と温かく見守りたい心境を寄せている。

 そして、AKB48峯岸みなみはツイッターに、自身と宮澤、高橋、AKB48小嶋陽菜との歌唱直後と思われる4ショット写真を掲載。「さえちゃんの勇姿、同じ空間にいることができてよかった。素敵だったよ」と賞賛の声を挙げる。

 さらに、「“西川さんとたかみなに風を当てる”というお仕事が直後にあったからさ」と、高橋のつけたカツラを風で飛ばしたシーンを振り返りながら、「説得力ないけど...本当にかっこよかったよ...! お疲れ様!」と労いのメッセージを届けている。

 また、2006年2月の『第二期AKB48追加メンバーオーディション』で合格した宮澤と同期の梅田も心境を吐露。「幸せには二つあります。一つは、その瞬間幸せだと噛みしめる幸せ。二つ目は、その時は気付けなかったけど振り返る幸せ」と綴り、「AKBグループは、どちらもくれる。卒業しても、また振り返る幸せをくれるんだ」とコメント。その上で、「さえちゃん。大好きです」と宮澤の決断を受け止めている。

 宮澤も番組終了後にツイッターを更新。「#FNS歌謡祭 で卒業発表をさせて頂きました。突然の発表で驚かせてしまったこと、他のアーティストさん、そしてファンの皆様、本当にすみません」と陳謝。その上で、「とっても緊張して記憶が正直ありません でも今所属しているSKEメンバー、そしてAKBの一期生メンバーの前で発表ができてよかったです」と率直な心境を綴った。

 その上で、「今回このような場を設けて下さったフジテレビさんに心から感謝しています」と感謝の気持ちを寄せ、「みなさん、アイドル宮澤佐江を最後まで応援よろしくお願い致します!! まだまだまだまだ頑張ります!」と強く宣言。ファンは「お疲れさま」などと労いのメッセージを届けている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)