マキタスポーツがプロデュースするロックバンドの「マキタスポーツ presents Fly or Die」

マキタスポーツがプロデュースするロックバンドの「マキタスポーツ presents Fly or Die」

 マキタスポーツがプロデュースするロックバンドの「マキタスポーツ presents Fly or Die」(略・F.O.D)が、年末恒例のライブイベント「COUNTDOWN JAPAN」に出演する。このステージに、人気アニソン・シンガーの鈴木このみがゲスト出演することが発表された。

 昨年のCOUNTDOWN JAPAN、今夏のロックイン・ジャパンに続き3回連続の出場となるF.O.Dは、ビジュアル系の「様式美」をまといながら熱いステージを繰り広げ、5000人を超える聴衆を熱狂させてきた。今回は、2016年1月発売の1stアルバム『矛と盾』に収録の新曲も初披露することが予定されている。

 今回は、全日本アニソングランプリで優勝し現在アニソン界で台風の目となっている話題のシンガー鈴木このみが特別出演する。この異色のコラボはテレビ東京「ゴッドタン」で共演したことがきっかけとなり、F.O.Dのニューアルバムでも1曲コラボ曲が収録されている。

 今年9月に国際フォーラムAで行われた『マジ歌ライブ2015in国際フォーラム』で初披露され、大いにファンを沸かせたが、今回は年末のCOUNTDOWN JAPANでも実現する。

 ◆マキタスポーツpresents Fly or Die マキタスポーツが2014年から音楽活動の主軸にすえているロックバンド。元々テレビ番組「ゴッドタン」の企画から生まれ、2014年末の「COUNT DOWN JAPAN」や15年夏の「ROCK IN JAPAN」出場で5000人の観客を熱狂させ、その後もLIVEを重ねて音楽性を深化。マキタスポーツ扮するダークネス様が率いるV系バンド、その様式美の世界を隠れ蓑に、マキタ自身の音楽性を存分に放出している。すでに15年末の「COUNT DOWN JAPAN」に出場が決まっており、16年1月に日本コロムビアよりデビュー・アルバム「矛と盾」をリリース予定。その後3月には東名阪でのレコ発ツアーも予定されている。

「マキタスポーツ presents Fly or Die」のステージに出演することが決まった鈴木このみ

「マキタスポーツ presents Fly or Die」のステージに出演することが決まった鈴木このみ

 ◆鈴木このみ 1996年生まれ、19歳。大阪府出身。全日本アニソングランプリで優勝、畑 亜貴リリックプロデュース「CHOIR JAIL」で15歳でデビュー。アニソン最大の祭典、Animelo Summer Live にはデビューから4年連続で出演を果たす。「さくら荘のペットな彼女」ED「DAYS of DASH」、「ノーゲーム・ノーライフ」OP「This game」など多くのTVアニメ主題歌を担当、「This game」はBillboard JAPAN Hot Animationで初週2位を獲得。4th「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」ではヲタイリッシュデスポップバンド・キバオブアキバと、8th「Absolute Soul」ではアニソン界のレジェンド・奥井雅美とデュエットするなど、様々なジャンル・アーティストとのコラボにも挑戦。さらに、TV東京系「ゴッドタン」の人気コーナー・マジ歌選手権に出演し、マキタスポーツ扮するダークネス率いるFly or Dieとのコラボでは、その類稀なる歌唱力で話題に。今回初出演となるCDJにて、再度楽曲をドロップする。1月にはソロシングルとしては約1年ぶり、小松田大全監督、サンジゲン制作のオリジナルTVアニメ「ブブキ・ブランキ」OPテーマ「Beat your Heart」を発売。ブリリアントな声で楽曲ごとに魅せ続ける、進化するアニソンシンガー。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)