flumpoolの5都市ツアー東京公演[1]

自身初の単独カウントダウンを行うflumpool

 ロックバンドのflumpoolが12月30日・31日、単独では自身初のカウントダウンライブ『flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」』を、横浜アリーナで開催する。

 MusicVoice限定!flumpool初の単独カウントダウンライブ、チケット特別先行受付実施中!!

 今回の開催は、今夏の単独野外ライブの成功や、10万人を超えるツアーを幾度も開催してきた実績が背景にある。メンバーは特設サイトを通じてこうコメントしている(メッセージ一部引用)。

 「みんな今年一年楽しいこともあれば苦しいこともあったと思います。僕ら以上に明日を想い、明日も笑えるように耐えて踏ん張って頑張ってきたみんながいるなら、、、最後くらいは笑って、笑って、笑える! お祭りをしましょう! お互い大切な年だったから、あの年越しの期待と喜びを、今年一年flumpoolを応援してくれたみんなに感じてほしい」

 公演は2日間行われるが、それぞれ別のテーマを設ける。30日は「30日は“今年を皆で思い起こすような一日”に」という思いから『未の忘年会』、31日には「“2016年へ向けて皆で新たな一歩を踏み出せる一日”に」という願いから『申の新年会』と題する。

 そして、場内の「センテニアルホール」には、“flumpool神社”を2日間限定で建立する。更に、特設サイトでは、今年1年の出来事を振り返るメッセージと共に、ライブで演奏して欲しい楽曲のリクエストを募集している。

 flumpool初の単独カウントダウンは果たしてどのような夜となるのか。

記事タグ