小室哲哉が結婚記念日を報告

小室哲哉

 音楽プロデューサーの小室哲哉(56)が14回目の結婚記念日を迎えた22日、globeのボーカルで妻のKEIKO(43)とこの日を祝ったことを報告した。

 数字の語呂から「良い夫婦」とも言われている11月22日。結婚1年目を含め今年で14回目の結婚記念日を迎えた小室は、ファンからツイッターを通して祝福の言葉を受け取ると「14回目に向かいます」と短く報告。

 トークアプリ「755」では、「KEIKOさんとお祝いしないんですか」という問いに「お祝いして、出かけてきました」と、くす玉を割る絵文字も添えて、この日を祝ってKEIKOと外出したことを明らかにした。

 小室とKEIKOは、2002年11月22日に結婚。小室は、昨年の13回目の結婚記念日には「結婚記念日ですが13年も経ったんですね」と報告。これに、音楽プロデューサーのつんく♂が「いつもお二人の夫婦愛を感じさせていただいております! いつまでもお幸せに!」と祝福のコメントを送っていた。

 一方、妻のKEIKOは現在、くも膜下出血で療養中。小室はSNSを通じてこれまでもKEIKOの現在の状態を報告。今年8月には「桂子さん大好きなウニですね」と食事を楽しむKEIKOの横顔をとらえた写真を掲載し、ファンから安堵の声が多く寄せられた。

 音楽活動では、globeが12月16日に20周年記念カバーアルバム『#globe 20th-SPECIAL COVER BEST-』をリリースする事を発表。ジャケット写真には、1997年頃に撮影されたKEIKOの未公開写真を使用されているとして話題になったばかり。

この記事の写真
小室哲哉が結婚記念日を報告

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)