パリ多発テロに日本の音楽業界も悲しみ広がる

きゃりーぱみゅぱみゅ

 フランス・パリで13日夜に起きた同時多発テロ。標的の一つとなったライブハウス「ル・バタクラン」(Le Bataclan)は、日本のミュージシャンも世界ツアーで使用していたこともあり、日本の音楽業界にもショックと悲しみが広がっている。

 過去に、同会場でライブを行った事があるのは、PerfumeやONE OK ROCK、きゃりーぱみゅぱみゅ、SCANDALなど。

 このうちSCANDALのボーカル&ベース・TOMOMIは同日のツイッターで「ワールドツアーをして世界中に大切な仲間が出来た。朝からとんでもないニュースを聞いて心が痛い。フランスの皆が心配だよ」と心境をしたためた。

 TOMOMIはこのツイッターで、同会場は日本で言うところの赤坂BLITZや恵比寿LIQUIDROOM、なんばhatchといった1000人から2000人収容のクラスに相当するとし、「私たちが今年の海外公演の初日にライブをした大切な場所」とも綴った。

 また、ONE OK ROCKのボーカル・Takaもインスタグラムにコメントを投稿。「過去に演奏したことのある場所で今回悲惨な事件がおきた。とても悲しい。辛い。一刻も早くこの世からこういった事件がなくなることを切に願うと共に今回この事件の被害にあった全ての人々に、心からのご冥福をお祈り申し上げます」と心境をしたためた。

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル・後藤正文も「パリのテロ、数日前まで現地に居たということもあって、何とも重たい気分。しかも、占拠されているという情報のコンサート会場は2013年にライブを行った場所」と綴っている。

 きゃりーもまた、ツイッターに哀悼文を投稿。「思い入れのある場所でたくさんの方が殺されたなんて信じられないし悲しすぎる。亡くなられた方のご冥福とこれ以上犠牲者が増えないことを祈ります」とショックを隠し切れない様子でしたためた。

 各メディアの報道によれば、テロのあった時間帯は同会場で、米ロックバンドのライブが開かれていたという。

記事タグ