『金色のリボン』アートワーク

『金色のリボン』アートワーク

 松田聖子のクリスマス企画アルバム6タイトル、そして、現在もロングセラーとなっているベストアルバム『SEIKO STORY ~80's HITS COLLECTION~』を合わせた計7タイトルのハイレゾ配信が11日より開始された。中でも82年に完全生産限定盤として発売された『金色のリボン』は今回初配信となる。

 82年に発売された松田聖子初のクリスマス企画アルバム『金色のリボン』は、当時出演していたラジオ番組『ひとつぶの青春』の主題歌「HAPPY SUNDAY」や、映画『野菊の墓』の挿入歌「野の花にそよ風~サブテーマ「雲」」といったレアトラックを収録。当時完全生産限定盤として発売されたこともあって、ファンの間では今なお人気の高いアルバムだ。『金色のリボン』は今回が初配信となるため、通常配信とハイレゾの同時配信となった。

 そのほかのクリスマス企画アルバムは、聖子主演映画のサントラからの曲も収録した84年リリースの『Seiko Avenue』、「金色のリボン」に収録されていた「星のファンタジー」の別歌詞・別アレンジのヴァージョン「雪のファンタジー」を収録した87年リリースの『Snow Garden』、91年リリースでワム!の大ヒット曲「Last Christmas」のカバーも収録、オリコンのアルバム・チャートで第9位を獲得した『Christmas Tree』。

 そしてクリスマスや冬の情景が描かれた作品を中心に選曲された96年リリースの『Winter Tales』に、聖子クリスマス企画の決定版として愛娘の神田沙也加とのデュエット『Twinkle star, Shining star』も収録した09年リリースの『Seiko Matsuda Christmas Songs』がラインナップされている。

 またロングセールス中の『SEIKO STORY ~80's HITS COLLECTION~』は、80年代にヒットした松田聖子の代表曲を網羅したベストアルバムで、“これぞ!SEIKO WORLD”と言える曲ばかり全38曲を収録。

 いくつもの冬を彩ってきた松田聖子のクリスマスソングたち。今回のハイレゾ配信は、松田聖子とともに青春時代を過ごした人たちへの、聖子からのプレゼントと言ってもいいかも知れない。ハイレゾで聴く聖子の歌声とともに、15年のクリスマスを楽しんでみてはいかがだろうか。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)