10月にグループからの卒業を発表したAKB48名取稚菜が5日にツイッターを更新し、病院でストレスによる自律神経失調症との診断を受けたことを明かした。「お薬飲んで楽しいこと考えてみます」などと綴っているが、同期の小嶋菜月やファンからは心配の声が挙がっている。

 名取は「病院行ってきたよっ」と書き出し、「ストレスで自律神経失調症になってるみたいだけどお薬飲んで楽しいこと考えてみます ご心配おかけしました!」と綴り、医師からストレスによる自律神経失調症を患っているとの診断を受けたようだ。

 このツイートに先立つ4日夜に名取は、「最近髪の毛沢山抜けるし、ご飯食べるとお腹痛くなるし、目が見えにくいし、立ちくらみ多いしどうしたんだろう 笑」などとツイートし、体調が優れないことを報告していた。

 2010年11月に、元AKB48川栄李奈やAKB48小嶋菜月らとともに11期生としてデビューした名取は、10月15日にグループの公式サイトで卒業を発表したばかり。その際には、「私は小さい頃から芸能界に居て、この世界しか知らないんだなって20歳が近付くにつれて思うようになり、この世界が全てでは無いし、もっと広い視野を持って自分の本当にやりたいことを探そうと思い、卒業を発表させて頂きました」などと、新たな旅立ちへの強い意思を表明していた。

 それから半月ほどで名取から報告された自律神経失調症を患っているという報告。それだけにファンは、「大丈夫?」「とにかく無理はしないで」「ストレス溜め込まない様に」「色々考えることもあるだろうけど、健康第一」などと心配の声を挙げた。

 さらに、名取が卒業すると唯一の11期生となる小嶋もリプライ。「え?大丈夫!?」と心配の声を挙げ、「やっぱり私に会えなくて寂しかったのね……笑 早くわなかっつんでご飯いかなきゃね」と陽気に励ましている。これに名取は「わなかっつん、、笑笑 ご飯行こー 菜月本当に会ってなくて寂しい」と元気に返信している。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)