北原里英がハンドボール・アンバサダーに就任

ハンドボール・アンバサダーに就任した北原里英

 NGT48北原里英が2日、都内で行われた第40回日本ハンドボール開幕記者会見に出席。ハンドボール・アンバサダーに就任することが発表された。同リーグ機構の多田博会長からタスキを受け取った北原は「私が少しでも力になってハンドボールを盛り上げたい」と意気込みを語った。

 ハンドボール元日本代表の東俊介氏をMCに招きトークを展開、北原とハンドボールの繋がりを語ってくれた。今回、アンバサダーに北原が選ばれた理由は、中学時代にハンドボール部だったことから。

 その北原は、中学時代にハンドボール部を選んだ理由に「苦手を克服する為に部活の中で一番球技らしいハンドボールを選んだ」と、苦手だった球技を克服するためであったと説明した。

 また、当時のポジションは「サイド」。東氏からは「足が速くないと難しいポジション、でも足遅かったですよね」と問われると、すかさず「足は速かったです」と俊足であったと明かした。

 東氏からNGTのキャプテンを務める上で、ハンドボールが活かせることはあるか、という質問には「部活内で揉めた時にしっかりと発言してきた。思ったことをちゃんと口にするというのを学んだ。言いづらいことがあっても言えるようになったのはハンドボールのおかげ」とも述べた。

 当時気になっていた選手や目標にしていた選手を聞かれると「雨の日は、教室でプロの試合のビデオを観て、東俊介選手派と宮崎大輔選手派に人気が別れていた」と話し、北原は宮崎選手派だったことをを明かし「でも人気は半々でしたから」と東氏をフォローする場面も。

 アンバサダーに就任した意気込みを、「やっていても楽しいですし、観ていてもプレーが華のあるスポーツだと思うので、ハンドボールがもっと日本で人気になってくれたらいいなとずっと思っていました。私が少しでも力になってハンドボールを盛り上げていけたらいいなと思っています」と述べて、就任式を締めくくった。  【取材・村上順一】

記事タグ