モーニング娘。’15の鞘師里保(17)は29日夜に更新したブログで、今年いっぱいでグループを卒業することを発表。「一人の人間として強く生きていくために経験しなければいけないことがある」などと理由を綴り、卒業後は英語やダンスの勉強のために留学を考えていることを明かした。

 鞘師は「いつもモーニング娘。’15を応援していただきありがとうございます。皆様にお伝えしなければいけないことがあります」と神妙な趣きで書き出し、「私、鞘師里保は、今年の12月31日をもってモーニング娘。を卒業します」と今年いっぱいでグループを卒業することを報告した。

 更に、鞘師は「幼稚園の時から憧れだったモーニング娘。に小学6年生で加入して約5年間、つんく♂さんをはじめ、多くのスタッフの皆さん、モーニング娘。とハロー!プロジェクトのメンバーの皆さん、そして何よりファンの皆さんに支えられて今日まで走り続けてきました」と、モー娘。メンバーとして過ごした時間を振り返った。

 そうした中、「その走り続けている中で今後の人生を考えることが今年に入り多くありました。一人の人間として強く生きていくために経験しなければいけないことがあるのでは? と思うようになりました」と自身の中に様々な葛藤があったことを明かした。

 鞘師は事務所のスタッフらと何度も話し合いを行ってきたという。その上で、「今年から本格的に始動した12期メンバーの後輩達の成長が確認できたこのタイミングでモーニング娘。を卒業する事を決めました」と決断に至った背景を綴った。

 また、「卒業日に関しても、モーニング娘。に加入して丸5年、『モーニング娘。’15』として最後の日、12月31日のカウントダウンライブで卒業することを決めさせて頂きました」とした。

 鞘師は突然の発表となったこを深く詫びている。ただ、「でもこれまで私の中でずっと思い悩み続けていました。その中で導き出したのが、今回の決断です」とし、卒業することに迷いのない心境を綴った。

 今後については、「英語やダンスを学ぶために留学をしたいと考えています。そのなかで、たくさんの経験を積んで大きく成長し、早く戻ってこられるように頑張っていきたいです」と、留学を考えていることを報告。

 そして、「卒業まで2ヶ月と限られた時間となってしまいますが、それまで、メンバー達と共に『モーニング娘。’15』を全うしたいと思います。12月31日まで全力で駆け抜けていきたいとおもいますので、皆さんよろしくお願いします!」と締めくくり、モー娘。メンバーとして最後まで走りぬく覚悟をしたためている。

 この報告を受け、ファンは続々と鞘師のブログに想いを書き込んだ。「正直ショック」「悲しい」「急やで…震えと涙が止まりません…」「気持ちが今整理つきまッせんぬ…」「りほちゃん、さみしいじゃん!」などと、ショックと驚きのコメントで率直な心境を投稿した。

 ただ、「残り2ヶ月、いままで以上に応援します」「更にパワーアップした里保ちゃんが戻ってくることを待ってますね」などと、鞘師の決断を尊重し、エールを送るファンも見られている。

 鞘師は2011年に「第9期メンバーオーディション」に合格し、モー娘。に加入。歌唱力やダンスの技術に秀で、エース格としてグループを引っ張ってきた。同期には、現メンバーの生田衣梨奈、鈴木香音、譜久村聖がいる。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)