前触れもなく過去のツイートを全て削除して波紋を広げていた歌手の浜崎あゆみ(37)が27日夜、「ayu」名義で騒動後初めてツイッターを更新した。同アカウントについては前日に、今後はスタッフが運営していくと説明があったこともあり、本人の早々の登場にファンは喜びのコメントを寄せる一方で、「つぶやきがおかしい」といぶかる声もあがっている。

 浜崎は、再会したツイッターで「ayuです。福岡のみんな、お待たせしてすみませんでした!」と、12年ぶりに実施しているファンクラブツアーの福岡公演(Zepp Fukuoka)が27日から始まったことを報告。続けて「強く風吹く時も雨に打たれる時も、ここで夢を紡いでくよ君のために」と詩的な文章を綴った。

 浜崎のツイッター・アカウントは前日26日に突然、過去の全てのツイートを削除。「このアカウントは浜崎あゆみスタッフが管理、運営し最新情報を発信して行くアカウントに生まれ変わりました。今後ともよろしくお願い致します。たまにayu本人も呟くかも」と、今後はスタッフが運営していくと説明があった。

 これまでツイッターでは、身近な出来事や想いを込めた詩を綴るなど、ファンとの交流の場所として活用されてきたこともあり、今回の突然の方針転換にファンからは悲鳴や怒りの声が挙がっていた。

 その翌日に早くも浜崎自らの言葉でツイッターを更新。これにファンは「おかえり」「あゆ待っていたよ」「嬉しいTwitter現れてくれて」などと歓喜の声を挙げた。ただ、「本当にあゆ??」「今までのあゆと違う気がする」「つぶやきおかしい! 変だわ。スタッフがTwitterしとるね」などと浜崎本人のツイートではないと怪しむコメントも多数寄せられ、ファンは半信半疑のようだ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)