アンダーソン=ポンティ・バンドのアルバムアートワーク

アンダーソン=ポンティ・バンドのアルバムアートワーク

 プログレッシヴ・ロック・バンド元イエスのボーカル、ジョン・アンダーソンとフランス人ヴァイオリニストジャン・リュック・ポンティが新たに組んだ“アンダーソン=ポンティ・バンド”のデビュー・アルバム『ベター・レイト・ザン・ネヴァー ~真世界への旅』が21日に高音質なBlu-spec CDで発売した。「OWNER OF A LONELY HEART」や「ROUNDABOUT」といった、ジョン・アンダーソンがイエス時代に残した歴史的名曲も収録されている。アルバムはボーナストラックを含む全15曲収録。

 35年間ものあいだ、イギリスの伝説的なプログレッシヴ・ロック・バンド、イエスのオリジナル・ヴォーカリストとして、またソングライターとして活動してきたジョン・アンダーソン。そして、ジャズやロックの分野におけるヴァイオリンの先駆者であり、名手である国際的スーパー・ヴァイオリニスト、ジャン=リュック・ポンティ。

 そのふたりの伝説的なミュージシャンが手を結び、結成された新バンド、アンダーソン=ポンティ・バンドの記念すべきデビュー作品となる『ベター・レイト・ザン・ネヴァー ~真世界への旅』が遂に発売となった。

 本作は、アンダーソン=ポンティ・バンドとして書き下ろされたオリジナル楽曲のほか、ジャン=リュック・ポンティの代表曲や、「OWNER OF A LONELY HEART」や「ROUNDABOUT」といった、ジョン・アンダーソンがイエス時代に残した歴史的名曲を収録している。

 初回限定盤は、14年に行われたライヴ映像を収録したDVDを合わせた2枚組。また、初回限定盤、通常盤ともに高音質仕様(Blu-spec CD)になるほか、ボーナス・トラック1曲が追加された特別ヴァージョンでの発売となる。

 イエスの遺伝子を引き継ぐ、美しいハーモニーと、ジャン=リュック・ポンティの美しい旋律が融合した作品へと仕上がっている。

記事タグ