歌手の岡本真夜が20日に投稿したツイッターで、ヒット曲「TOMORROW」の創作秘話を明かした。亡き祖父から届いた励ましの手紙に書かれていた一節から誕生したとのことで、タレントのJOYが投稿した言葉に返答する形で紹介している。

 JOYはツイッターで、「涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように 見るものすべてに おびえないで 明日は来るよ 君のために」と、楽曲「TOMORROW」のサビ部分を書き出した後、「これは岡本真夜さんが僕にかけてくれた言葉です。素敵な言葉ですよね。みんなにも伝えたくて、呟くことを決意しました」と悩みを抱えているかのような文面をしたためた。

 このコメントをどこかから知らされた様子の岡本は、「あらっ、JOYさんが? 嬉しいですね」とつぶやき、「TOMORROW」の誕生にまつわる話を紹介した。

 岡本は、「JOYさんに届くかな?(勝手ながら、笑)」と照れた様子で綴り、「高校を卒業して上京したとき、今は亡き祖父からの応援の手紙の一番最後に『涙が多いのが人生だよ』と書かれてました。そして『TOMORROW』が生まれました」と、大ヒット曲『TOMORROW』が誕生したいきさつについて触れた。

 そして、「弱音を吐く勇気、そして一歩踏み出す覚悟があればきっと大丈夫 元気になってね」とJOYへ向けて励ましのメッセージを送ると、JOYも「真夜姉さん、バッチリJOYさんに届きました! ありがとうございます!! 本当に大好きな曲です」と感謝を込めて返信している。

 その後、岡本は「つい数日前、息子が街でJOYさんを見た!と言ってて『よかったねー』って話してたとこでした、笑」とJOYとの奇縁を紹介し、「大変なお仕事でしょうけど頑張りすぎず頑張ってくださいね」と再びエールを送った。

 岡本が歌う「TOMORROW」は1995年5月10日にシングルとして発売された。TBS系ドラマ『セカンド・チャンス』(田中美佐子・赤井英和主演)主題歌として使用され、150万枚を超えるセールスを記録。この曲で、NHK紅白歌合戦への初出場を果たした。

記事タグ