男女7人組グループのAAAは19日、キャンペーンの景品である「メンバーの直筆サイン入りグッズ」が、メンバー直筆ではなくスタッフが書いた偽サインが混在していたとして、所属事務所の公式サイトで謝罪。ファンからはショックの声が挙がっている。

 該当のキャンペーンは3つ。「『AAAのプリでアルバムを作ってAAAに会おう!!』キャンペーン」「ぐるなびでAAA特別プランを予約してキャンペーン特典をGETしよう!(in TOKYO)」「『AAA Cafe』スイーツパラダイス SoLaDo原宿店・心斎橋店・福岡PARCO店」のキャンペーンで、それぞれポスターやクリアファイル、コースター、CDなどの景品の一部にメンバー直筆ではないものが混在していたと発表している。

 所属事務所によると、「サイン入り景品を限られた時間内に準備する必要に迫られ、弊社スタッフ1名が、AAAメンバーに無断で彼らのサインを真似て書いていたことが判明いたしました」という。

 その上で、「お客様の信頼ばかりかAAAメンバーの信頼をも裏切り、また多大なご迷惑をおかけしてしまいました。このようなことは決して許されないものであり、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。キャンペーンの当選者には改めてAAAメンバーの直筆サイン入りグッズを発送しているという。

 さらに、AAAメンバー7人の直筆の記名付きで「AAAを応援してくださる皆さんへ」と題したお詫びの声明を掲載している。

 声明文では、「本当にごめんなさい」との謝罪のコメントで書き出し、AAAメンバーが承知していないところで起きた事実に大きなショックを受けたことを綴った。

 そして、「たった1人のスタッフさんが単独で行った行為とはいえ、私たちは、AAAスタッフをこの10年以上ずっと信じていろいろな事を乗り越えてきました。それを思うと本当に悔しいです」と、身内の犯した過ちに深い悲しみを受けた様子だ。

 さらに、「私たちが出来る事、しなければいけない事は、今後も変わらず皆さんに元気や勇気を与えられるようなパフォーマンスを行う事だと思っています」と改めて活動の意義を自覚し、「心配をおかけしてしまったファンの皆さんにこれからも応援してもらえるよう精一杯頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします」とコメントしている。

 このメッセージにファンは様々な反応を示している。「メンバーもこう言ってるしうちは何があってもAAAを嫌いになることはない!!」「こんなことあったけど、AAAから離れられない」などと、AAAを応援する気持ちは変わらないとする声が相次いだ。

 ただ、今回の事実に怒りを覚えるファンも多いようで、「なんでメンバーに謝らせてるの?」「本当に謝らなきゃいけない人がいるのに なぜAAAメンバーに謝罪させるの?」「10周年を迎えた彼らに深い傷を負わせないで」などと、謝罪に立ったAAAメンバーを擁護し、被害を被った側として同情する声が続々と投稿されている。

 さらに、「限られた期間内に景品を用意できないかもしれない事態になる計画性のなさ。。」と厳しい声で怒りを露にするファンも見られている。

記事タグ