「連続ドラマW 誤断」の主題歌を担当する稲葉浩志

「連続ドラマW 誤断」の主題歌を担当する稲葉浩志

 B’zの稲葉浩志(51)が玉山鉄二(35)主演の「連続ドラマW 誤断」の主題歌を担当することがわかった。タイトルは「水路」でリリース時期は未定となっている。「連続ドラマW 誤断」は11月22日からWOWOWで放送予定。

 B’zが結成25周年を迎えた際、『B’z 25th Anniversary Special 全米ツアー密着ドキュメント「Only Two」』をWOWOWが独占放送した親交もある中で、今回はB’zとはまた異なる独自の世界観で展開するソロ活動中の稲葉浩志にオファーし主題歌の書き下ろしが実現した。WOWOWドラマと稲葉浩志の初のタイアップとなる。

 NHK連続テレビ小説「マッサン」以降、連続ドラマ初単独主演となる玉山鉄二と同作の脚本を手掛けた羽原大介の再タッグの本作、稲葉浩志の新曲とのコラボで社会派ヒューマンサスペンスを盛り上げる。

【稲葉浩志 コメント】
 「流れる時間と積み重なる時間というふたつの軸のなかで、過去を後悔し失うことを恐れ、明日への希望を持ち今を生きようとする主人公を描きました。ドラマのなかで流れるのが楽しみです。」

【主演・玉山鉄二 コメント】
 この作品にある様々な角度の正義、その狭間にある、世の中の違和感に溺れる人間、不鮮明な光…この作品により重厚感を持たせて頂けました。撮影はまだ中盤ですが、この曲を胸に精進して行きたいと思います。」

【堤口敬太〈WOWOWプロデューサー〉コメント】
 「本作は製薬会社の隠蔽事件を題材にした社会派作品ですが、社会正義と会社の利益との間で揺れる主人公の葛藤や苦悩、そして登場人物それぞれの正義を描いたヒューマンドラマです。数々の音楽とともに人の心に残る詩を生み出されてきた稲葉さんであれば、主人公の複雑な感情に寄り添いながら、暗闇から前に進むための微かな希望を与えてくれる、そんな音楽を作ってくださると思いオファーをさせていただきました。」

記事タグ