[写真]小林幸子が中川翔子のライブに登場(1)

競演する“ラスボス”小林幸子と中川翔子(撮影・桂 伸也)

 中川翔子が11日、東京・Zepp Diver City Tokyoでワンマンライブツアー『SHOKO NAKAGAWA LIVE TOUR 2015~みらくるLUCKY POP~』2日目公演を開催。ステージアンコールのゲストで「ラスボス」こと歌手の小林幸子が登場、10月28日にリリースされるシングルの曲「無限∞ブランノワール」をデュオで披露した。

 今年は、春にでんぱ組.incと曲「PUNCH LINE!」でコラボを行った中川。今回の相手は演歌歌手の小林幸子。このコラボは、春に行われた中川のバースデーライブで小林がゲストとして現れ、アニメ「ポケットモンスター」の曲「風と一緒に」をデュエットで歌ったことがきっかけだったという。この曲はスクウェア/エニックスのゲーム『無限∞ナイツ』とのコラボソングであり、作詞・作曲はヒャダインこと前山田健一。

 この日のライブでは、ライブのアンコールにて中川がリードし、観衆とともに「ラスボス様~!」と叫び、小林をステージに召還。楽曲のタイトルにちりばめられた言葉「ブランノワール」の示す「白と黒」の意に従い、中川は白の着物をイメージしたコスチューム、小林は黒を基調とした艶やかなドレス姿で登場した。小林はコラボに参加した感想を「最高でございます。なんでも受けて立ちますよ」と穏やかに答えた。

 そしてステージでは中川と小林が「無限∞ブランノワール」を熱唱。力いっぱいのパフォーマンスを繰り広げた中川と、対照的に余裕の表情で朗々と歌い上げた小林。その姿に観衆も熱狂の歓声を上げながらパフォーマンスに参加した。曲を歌い終えても興奮さめやらない中川は「皆で戦ったこの瞬間、一生の思い出になりました!」と、感動の気持ちを熱っぽく語っていた。

 満員御礼となったこの日のステージでは、中川はアンコール3曲を含む、新旧織り交ぜた楽曲全20曲を披露、常時ハイテンションで熱唱を続け観衆を魅了した。また、今年11月に初のホテルディナーショー出演を行う一方で、「来年はまた、(今までの)人生になかった大きな挑戦に向かっていこうと思っています。だから来年はツアーが出来ないみたいなんです」と告白、ファン達に少なからずの衝撃を与えていた。  【取材・桂 伸也】

この記事の写真
[写真]小林幸子が中川翔子のライブに登場(1)
[写真]小林幸子が中川翔子のライブに登場(2)
[写真]小林幸子が中川翔子のライブに登場(3)
[写真]小林幸子が中川翔子のライブに登場(4)
[写真]小林幸子が中川翔子のライブに登場(5)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)