[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(4)

幻想的な雰囲気のもとに行われた武藤彩未のライブ(撮影・笹森健一)

 歌手の武藤彩未(19)が4日、東京・日本橋三井ホールで自身2度目となるアコースティックライブ『A.Y.M.Ballads』を開催した。この日は、オリジナル曲とカバー曲を織り交ぜた構成。カバー曲では、敬愛する松田聖子「白いパラソル」や、安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」などを披露。また、「さくら学院」の初代生徒会長だった武藤は4年前に、同所でグループの卒業公演を行っている。思い入れのある地で彼女は「この曲を歌ってまたみんなで逢おうねって約束しました」と当時を振り返り、同グループの「See you...」も歌い捧げた。バックバンドには作曲家の本間昭光氏たち。グランドピアノやパーカッションなどアコースティック楽器をメインに取り入れ、観衆を癒しの世界へ誘った。今年6月に行われた『A.Y.M.ROCKS』とは対極にあった今回。ミュージックヴォイスではこの公演の模様を以下にレポートする。  【取材・村上順一】

80年代から00年代まで網羅したカバー楽曲

[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(1)

多彩な音楽性を見せた武藤彩未(撮影・笹森健一)

 10月に入りようやく秋めいてきたが、この日は日差しも強く、夏に戻されたような気候だった。既に多くのファンが会場を埋め尽していた。ステージは、ライトを浴びた放射状の線が天井と床から伸び「AYM」の文字を表現。緑、赤、黄に輝くそれはステージを華やかに。このセットが今回の『A.Y.M.Ballads』の世界観を際立せていたように思えた。そして、赤や緑のライティングにより更に幻想的な世界観を醸し出していた。

 BGMには水のせせらぎや小鳥のさえずり、それにピアノやアコースティックギターの旋律が絡み合うヒーリングミュージックが流れ、ホールは癒しの空間と化していた。そのBGMが徐々に大きくなり盛大な拍手とともにバンドメンバーが登場。そして、サポートメンバーである本間昭光のピアノのフレーズに導かれるように白い衣装に身を包んだ武藤がステージに現れた。

 アコースティックライブということでステージ上も椅子に座っての演奏スタイル。「皆さんこんばんは、武藤彩未です」と挨拶し「寝ないで下さいね」と茶目っ気に語りかけると1曲目はAKB48のカバー「恋するフォーチュンクッキー」。テンポは、原曲よりゆったりとさせ、優しい歌声でしっとりと歌い上げる。最初のMCでは「こんなに沢山の人の前で歌えてとっても幸せです」と語り、幸せを実感しているようだった。

 続いて、武藤自身が何度もこの歌詞に励まされた岡本真夜のカバー「TOMORROW」。軽快なリズムで間奏ではオーディエンスも手拍子で盛り上がった。3曲目は幼稚園の頃から憧れていたというSPEEDの楽曲「White Love」をカバー。初めて買ったCDもこのグループのものだった思い入れの楽曲では、高音パートも伸びやかにホールに響きわたっていた。

 2回目のMCでは作詞家の松本隆にツイッターでフォローされた話で盛り上げる。ダイレクトメッセージのやり取りで松本から「いつかどこかで会えたらいいね」という返事をもらったことも明かすと「これは叶えなきゃならない夢だなと、松本隆さんに歌詞を書いてもらえるように頑張ろうと思った」と強い信念を見せた。

 そんな、80年代の楽曲に想いを馳せる武藤が続いてカバーに選んだ楽曲は、壁にぶち当たった時に聴いていたという本田美奈子.の「Oneway Generation」。ベースの低音が心地良く響き、それに呼応するかのように武藤もしっとりとしながらも力強さもある不思議な感覚の歌声で本田美奈子.のヒット曲を歌い上げた。続いて彼女がもっとも敬愛する松田聖子の「白いパラソル」を披露。「80's最高だな。これは安定ですよ。今日は歌えて本当に嬉しいです」と嬉しそうに語る彼女の姿が印象的だった。

今しか歌えない曲「SWEET 19 BLUES」

[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(3)

武藤彩未(撮影・笹森健一)

 続いて「私が歌うと新鮮かも知れません」と語り始めたのは、MY LITTLE LOVERの「Hello,Again~昔からある場所~」、スローテンポなアレンジで1フレーズを噛み締めるように丁寧に歌って行く。その歌声にファンも耳を傾け聴き入っているようだった。その後はZONEの「Secret Base~君がくれたもの~」を歌い上げた。

 再びのMCでは、新たなことに踏み出すことは大事と語った。80年代の曲だけでなく、今まで触れることなかった楽曲なども聴くようになったという。最近の趣味として、故マイケル・ジャクソンさんの楽曲も良く聴くと報告した。そうしたなか、ベースの根岸孝旨がマイケル・ジャクソンさんの「Billie Jean」のベースラインを奏でると武藤は「聴いてるだけで歌えないよ(笑)」とおどけてみせた。

 ライブは続く。前回の『A.Y.M.Ballads』開催当時は18歳だった。その時に選んだ楽曲は松田聖子の「Eighteen」。そして、今回は19歳になり「19歳らしい今しか歌えない曲ないかな」と選んだ楽曲は安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」。跳ねたリズムも歌いこなす彼女の歌唱力に耳を奪われた。20歳になった際にはどの曲を選択するのか楽しみが一つ増えたといえそうだ。

 ここでメンバー紹介を忘れていたことに気づいた武藤。いったん仕切り直してメンバー紹介。武藤がメンバー1人1人にコメントしながら紹介していく。その流れから今年6月に行われた『A.Y.M.ROCKS』でも披露された木村カエラの「Magic Music」をアコースティックバージョンで演奏。「ハッピーな気持ちになれる曲」というだけあって軽快に楽しそうに歌う彼女が印象的な曲であった。

 ここから武藤のオリジナル楽曲のセクションへ。オリジナル一発目は「交信曲第1番変ロ長調」を披露。力強いイントロで始まったこの曲はアコースティックとはいえ原曲にも負けない存在感を放っていた。続いてスパニッシュな雰囲気を感じさせ、情熱的なアレンジとなっていた「Daydreamin'」。武藤もバンドメンバーも「速い曲なので大変」と語るこの楽曲はメロディーとリリックが畳み掛けてくるナンバー。観衆も熱くなっているようだった。

 バラードアレンジとなった「宙」をしっとりと聴かせてくれた。歌詞をオーディエンスに届けるように丁寧に、歌に緩急をつけ表現力豊かに聴かせた。「楽しい時間はあっという間ですね」と語り本編最後は「明日の風」。大きな拍手の中、本編を終了した。ステージから武藤が去っても鳴り止まない拍手。そこからアンコールを求める手拍子に変化していった。

サプライズな告知による出演が決定

[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(2)

熱唱する武藤彩未(撮影・笹森健一)

 さほど時を待たずして再びステージに。まずはバックバンドのメンバーに今日の感想をもらう。この時にバンマスを務めた本間からサプライズが。11月にNHKホールで行われる本間の50歳を記念したライブに武藤が出演することが告げられた。武藤本人も聞いていなかったようで「本当にいいんですか!? 嬉しいなあ~」と驚きと喜びで興奮。

 そして、アンコールでは、4年前にここ日本橋三井ホールでさくら学院を卒業したことからさくら学院の「See you...」を披露。「この曲を歌ってまたみんなで逢おうねって約束しました。そんな大切な1曲を今日は1人で、でもきっとみんなはここにいるんだ。だからみんなと一緒に歌いたいと思います」と語った。最後は「今、本当に幸せです」と定番曲である「彩りの夏」を演奏し、訪れたファンに感謝し「盛り上がるライブは年末に一緒に楽しみましょう」と叫びステージを後にした。

予定にない楽曲を急遽演奏

 BGMとして流れていた「OWARI WA HAJIMARI」に合わせて手拍子をするファン。ステージを去った武藤だが告知するのを忘れたとステージに舞戻ってきた。告知も終わり、終了かと思われたが、「告知で終わるのは失礼だと思うんですよ」と語りバンドメンバーを呼び戻し急遽予定にはなかった楽曲「A.Y.M.」を演奏。最後らしく武藤もメンバーもスタンディングで演奏。アッパーな曲調で盛り上がり約2時間、全16曲を演奏した『A.Y.M.Ballads』の幕を閉じた。

 アコースティックライブは誤摩化しの効かない実力が出てしまうライブだ。それを若干19歳という若さでこのクオリティでやり遂げてしまった武藤彩未に驚嘆した。そして、ステージ上の彼女の笑顔が強く印象に残る。歌ももちろんだがこの笑顔に会いにくるファンも多いのではないだろうか。全力で音楽を楽しむ姿が観るもの聴くものの心を掴んで離さない。

 28日には今年4月29日に行われたバースデイライブの模様が収録されたLIVEアルバム『Re:BIRTH~19th Birthday Live at渋谷公会堂』の発売も控え、更に12月23日には「A.Y.M.X.」と題した赤坂BLITZでのワンマンライブも決定している。次回のライブではどのような魅力を見せてくれようか。

セットリスト

01.恋するフォーチュンクッキー/AKB48
02.TOMORROW/岡本真夜
03.White Love/SPEED
04.Oneway Generation/本田美奈子
05.白いパラソル/松田聖子
06.Hello,Again〜昔からある場所〜/MY LITTLE LOVER
07.Secret Base〜君がくれたもの〜/ZONE
08.SWEET 19 BLUES/安室奈美恵
09.Magic Music/木村カエラ
10.交信曲第1番変ロ長調
11.Daydreamin'
12.宙
13.明日の風
-ENCORE-
EN1.See you---/さくら学院
EN2.彩りの夏
EN3.A.Y.M.

この記事の写真
[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(1)
[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(2)
[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(3)
[写真]武藤彩未が思い出の地で熱唱(4)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)