ミュージシャンのDAIGOが23日にツイッターで、同日、乳がんの手術を受けることを明かした元プロレスラーでタレントの北斗晶を激励している。

 DAIGOは「北斗さんのニュースを知りブログを読ませていただきました」と書き出し、北斗が公表した事実を詳細に把握したことを綴った。

 そして、「マラソンのために梅を漬けてくれてその梅を何個も食べて完走することができました」とし、8月22日・23日放送の日本テレビ系列『24時間テレビ』でマラソンランナーを務めた自身と北斗のエピソードについて言及した。

 2012年に「佐々木健介&北斗晶ファミリー」としてチャリティーマラソンのランナーを務めた北斗。7月22日付けのブログには、大量の梅干や梅ジュースの写真が掲載され、「DAIGO用の梅干し出来たよ~」「甘めが好きだって聞いたから、DAIGO用に甘めに作った梅ジュースも出来上がったよ~」などと、過酷な24時間マラソンに挑むDAIGOにエールを送っていた。

 DAIGOは「いつも元気でみんなにパワーをくれた北斗さん。いまはゆっくり治療に専念していただいてまたお仕事でご一緒できる日を楽しみにしています。全力で祈ります」と締めくくり、北斗さんに励ましの声を届けている。

 北斗は23日付のブログで、乳がんを患っていることを明かした。24日早朝に手術を受ける予定だという。ブログでは、乳がんに関する説明を行い、自らが病名を把握するまでの様子を自身の率直な想いとともに綴った。

 その上で、北斗は「女性の皆さん、若かろうが年を取っていようが乳癌検診に行ってください!」「自分の体の小さな異変を見逃さないで。体は正直です! 何かがおかしいと思ったら、その勘は当たってるから」とメッセージを発し、「今は、[またね!]と言わせてください」と、芸能界に復帰する強い決意をしたためている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)