シンガーソングライターの柴田淳が心を痛めている。

 18日未明、旅行大手の楽天トラベルが公式ツイッターで、柴田に向けて「ぶさいく」とするツイートを発信。柴田はこの画像を貼り、「楽天に公式でブサイクと言われちゃった(涙)」などと心痛する様子をコメント。ファンからも抗議のコメントが殺到している。

 楽天トラベルは18日未明に突然、柴田のツイッターアカウントへ向けて「ぶさいく」とリプライ。このツイートはすでに削除されている。

 これを知った柴田は、それをリプライするのではなく画像として掲示。その上で、「楽天に公式でブサイクと言われちゃった(涙)」とその事実を発表した。

 さらに、「ブサイクなんてわかってますけど、私にだって良いところがちょっとはあるはずって信じて生きてきたんだけど、悲しいですね…」と心穏やかではない心境を率直に綴った。

 そして、「楽天で買い物もう辞めます。Yahoo!とAmazonにします」と怒り心頭に達するコメントを綴っている。

 この柴田の心痛にファンは続々とコメントを投稿。「お顔もお声も美人さんです」「お気にせず、活動頑張って」などと励ます声や、「私も直ちに、使用を中止し、Amazonとヨドバシにします」などと柴田に同調するコメントが投稿された。

 また、ネット上では、楽天トラベルが柴田をフォローし、“お気に入り”リストに柴田関連のものを多く入れていることを指摘する声も挙がった。そのため、ツイッターの担当者が「自分のプライベートアカウントと楽天アカウントを間違えて、リプしちゃった。ってことじゃないかと」「でも、ぶさいく呼ばわりはひどい、ひどすぎる!」との声が出ている。

 ツイッターアカウントの“乗っ取り”に合ったのではないかと推測されている件について、柴田は「乗っ取りなら、数分で消したりしないです」とし、ツイッターを削除したことも問題視しているようだ。

 楽天トラベルは18日昼過ぎになり、一連の出来事について謝罪する声明をツイッターで発表。「この度は弊社アカウントからのツイートにより、ご不快な思いを与え、大変申し訳ございません」と詫びた。

 さらに、「該当のツイートは弊社の見解を示すものではございません。現在、なぜこのようなツイートが発生したのか調査しております。ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした」と、鋭意調査中であることを強調している。

 ただ、ファンの怒りは収まらない様子で、柴田や楽天トラベルのツイッターへ向けて、「謝罪一つで済むような事では無いと思いますが…」「企業の公式アカウントでの発言であり、責任ある調査報告を早急に願います」とのコメントがなお殺到している。

 柴田は楽天トラベルのツイート画像をアップした後、自らの心境を改めて綴っている。「いいもん。私のファンは沢山いるもん。私のファンは自慢のファンだもん。優しくて優しくて、こんな私でもいっぱい褒めてくれるの」とファンの数々のメッセージに感謝。

 そして、「自信が持てない私を15年間ずっとずっと励まし続けてきてくれた大切な人達。そんな大切な人達は、こんな私でも大好きだって言ってくれるの。だから平気」などとつぶやいている。

 なお、今回の楽天トラベルによる「ぶさいく」発言は、柴田によると、「一昨日のメイク中の写真に呟かれました」とのことで、「もう二度と自撮りしません…」と綴っている。

記事タグ