NMB48の“りぽぽ”こと小谷里歩が13日、AKBグループからの卒業を発表。大阪・NMB48劇場で同日行われたチームN公演で自らの言葉で明かした。小谷はその後、改めてツイッターを更新して胸の内をファンに届け、ファンからは「寿命が縮んだ!」などと驚きや惜しむ声が挙がる一方、「中年のおっさんを久々に夢中にさせてくれたりぽぽ。ありがとう」と感謝のコメントが届けられている。

 小谷はツイッターで「生誕祭!ありがとうございました!すごく幸せな時間でした」と自らの21歳の生誕祭として開催されたチームN公演への感謝を綴り、「そして卒業発表…驚かせてしまい、すみません」とファンに向けてお詫びのコメント。そして、「Twitterでは文字数が足りないので文章を貼らせていただきます」と綴り、卒業に関するメッセージを記した画像を掲示した。

 小谷はまず、「自分の夢に向かっての卒業」であることを強調し、ファンが多く集まっている公演で気持ちを伝えたかったことを記した。

 NMB48に加入してから5年が経過する中で、「新しく変化して進化していくグループ、メンバーを一番近くで見てきて、またその一員として活動していくうちに、自分の夢に向かって、新しいステージに進もうと決意しました」と心境を綴った。

 卒業後は、自ら「大好き」と記したテレビ番組への出演や役者としての仕事など、様々なことにチャレンジしたいという。

 そして、「まだ、具体的な卒業時期は決まっておらず、また決まり次第お知らせすることになりますが、それまではNMB48で夢に向かって、まだまだ学ぶこともたくさんありますし、成長し続けていきます」と決意をしたため、ファンからのエールに期待を寄せている。

 このメッセージを読んだファンからは「マジっすか」「りぽぽ寂しいです」「えっ?卒業発表?」「ビックリしたよ! 寿命が縮んだ!!」「あーーーーやっぱなんかいややなーぁぁあ、、」などと驚きや卒業を惜しむ声が続々と投稿された。

 ただ、「中年のおっさんを久々に夢中にさせてくれたりぽぽ。ありがとう」「りぽぽがNMBにいてくれて本当に良かったよ」と、NMB48の小谷に対して感謝を綴るファンの声も挙がった。

 そして、「絶対いろんな場所で活躍できると信じてるよ」「夢に向かっての卒業は別れを惜しむより旅立ちを祝いたい」「残りのNMB48での活動はただひたすら楽しんで」などと、小谷の新たな門出へ向けて強いエールを送っている。

 小谷里歩は2010年9月に開催された『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格してメンバー入り。2012年11月からAKB48チームA兼任、2014年4月には再びAKB48チーム4兼任となり、NMB48の中心メンバーの一人として活躍した。

 2013年7月にはNMB48のメンバーで初となる独演会『小谷里歩独演会 其之壱』を開催。そのイベント中にサプライズで断髪式を行い、ロングヘアをおよそ20cmもカットするなど話題を呼んでいる。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)