ミュージシャンのGACKTは4日に更新したブログマガジンで、目が光を調整する機能を失っていることを明かし、「サングラスがないと、日差しの下だとナニも見えなくなる」などと、目に障がいを抱えていることを綴っている。

 この日の更新では、太陽の下でCMの撮影を行っていることに触れたGACKT。「それにしても、今日は本当に暑い。凄まじい直射日光の中での撮影だよ」と自身の置かれた環境について綴り、「これほど日差しの強い日に、外にいるのは何年ぶりだろう…。本当にキツイ…」と嘆きの声を挙げた。

 そして、「GACKTさんって目が悪いんですか?」とのGACKTのブロマガではおなじみのスタイルである第3者の質問を挟みこむ形で、「光を調整する機が壊れてるんだよ。だから人よりも光を取り込みすぎてサングラスがないと、日差しの下だとナニも見えなくなる」という事実を明かした。

 光の屈折や調節する目の部位は、一般的に「角膜」「虹彩」「水晶体」などが知られている。特に光の量を調節するのが「虹彩」と呼ばれる部位で、カメラにおける「絞り」の役割を果たす大切な部位だ。GACKTは詳細に触れていないため「虹彩」が原因かは不明ながら、ここに障がいを抱えている可能性がひとつ考えられる。

 GACKTは、舞台では照明が上から当てられるため、ある程度、緩和されるとしながら、「ドラマとか、映画とか、正面から照明を当てられると本当に何も見えなくなる」という。「で、しばらくは白飛びした状態が続くから、どこに何があるか全くわからない状況になるんだよ」と、光が正面から照射された際に自らに起きるトラブルを率直に綴った。

 また、「眩しいところで撮影するから、照明が要らないってワケじゃなくて むしろ、周りが明るいから尚更照明をしっかり当てないと綺麗に撮れないんだよ」とし、今回のCM撮影は自身にとって過酷な環境になっているという。

 GACKTは「だから、カメラがどこにあるかはだいたい勘でやってる・・・これ内緒だけどな…あはは」と陽気なタッチで自虐的に綴る。ただ、猛烈な暑さの中での撮影であることも踏まえながら、「とにかく、少しでも早く順調に撮影を終わらせることがボクらのやらなきゃいけないことだな」と、仕事に集中する心境を伝えている。

記事タグ