GLAYのTAKUROやHISASHI、PENICILLINの千聖ら日本の音楽シーンを牽引するギタリストが一同に集結した「ギタリスト会」の写真が27日、ロックバンド・SIAM SHADEのギタリスト・DAITAのツイッターで公開された。

 これは日本のギタリストたちで構成された「ギタリスト会」のワンショット。歌手でタレントのベッキーらによる“ハーフ会”、元シブがき隊の薬丸裕英らが開催する“B型会”など、芸能界に存在する特定グループの一つとして知られる。

 DAITAはツイッターで、「昨夜都内某所にて弦弾魂継承会『ギタリスト会 2015 夏の陣』を開催しました。皆様、朝までお疲れ様でした」と綴り、26日夜にギタリストが一堂に会した「ギタリスト会」を開催したことを報告した。

 公開された集合写真の顔ぶれはまさに豪華。GLAYのTAKURO、HISASHI、PENICILLINの千聖、LUNA SEAのINORAN、ナカヤマアキラ、土屋昌巳、結生、YOUら日本の音楽シーンをリードするギタリストたちが集結。これにはファンも「集合写真、きたー!」「凄いメンツ」「やっぱりギタリストって華がある人多い」などと興奮の声を続々と挙げた。

 そして、「千聖がすごい千聖」「いつもHISASHIさん女のコみたい」「タクロウさんの微笑み、ただならぬ神々しさを醸し出してらっしゃる」などと、好みのギタリストを発見して喜ぶ声も。

 同時に「ギタリスト会の写真1枚であれこれ考えちゃいますね」「特定班の皆様がんばってください!」などと、参加しているギタリストが誰かを特定しようとするコメントが続々と投稿されている。

 ただ、前回4月21日に開催されたギタリスト会において、DAITAはツイッターで、「『ギタリスト会 2015 春』をSUGIZOさんと開催しました」と綴っている。ところが、主催者と見られるSUGIZOの姿を写真の中で確認できず、ファンからは「杉様は…?」「ギタリスト会主催の杉様見当たらない」と困惑する声も。

 SUGIZOは現在、歌手で作家の辻仁成が監督を務める映画『TOKYO DECIBELS』で音楽監督を担当。そのため、「忙しいのかなあ」とコメントを寄せる声も出ている。

記事タグ