[写真]さだまさし復興支援チャリティ(1)

さだまさし(右)とゴスペラーズ北山陽一(撮影・桂 伸也)

 シンガーソングライターのさだまさし(63)主催の『東日本大震災復興支援チャリティーコンサート 2015長崎から東北へ in 日本武道館』が11日、東京・日本武道館で開催。親交の深い南こうせつやゴスペラーズらと共に、さだが憧る加山雄三たちが出演し、復興への想いを歌で届けた。

 同イベントは、2013年から、さだの故郷である長崎で行われてきたイベント。今回は、アーティストの復興への想いをより広く伝えるために舞台を東京に移して行われた。さだは、ユーモアを交えて「今日のゲストを長崎まで連れていって、ご飯まで食べさせて帰ってもらうっていうのは、大変な費用になるんですね。大した額じゃなくてもその分のお金が回ればいいなって」と、今回のイベントに対する思いを語っていた。

 イベントでは、親交の深い南こうせつやスターダスト☆レビュー、ゴスペラーズらと共に、さだの憧れのアーティストであり、過去にさだが長崎で行ったチャリティーイベントに積極的に参加を続けている加山雄三が出演。さらに世界的な指揮者である佐渡裕と渡辺俊幸のもと、伴奏を東京フィルハーモニー交響楽団が担当した。

[写真]さだまさし復興支援チャリティ(2)

イベント開演前の囲み取材で意気込みを語るさだまさし(撮影・桂 伸也)

 さだのステージでは代表曲「精霊流し」を世界的なバイオリニストである前橋汀子とともに演奏するなど、スペシャルなプログラムが展開された。また、佐渡が主導し推し進めているプロプロジェクト、スーパーキッズ・オーケストラもこの日登場、真剣ながら楽しそうに演奏をする子供たちに、惜しみない拍手が会場から寄せられた。

 また、さだはこの日、長女でピアニストの佐田詠夢との結婚を発表したゴスペラーズの北山陽一と同じステージに立った。

 結婚が報じられた件に関して、イベント前の囲み取材では「彼は17年前から気仙沼なんかでアカペラの活動をしていたし、震災の直後も一緒に活動をやっているんで、そういう意味では家族みたいなもんなんです。だから殴りもせず粛々と『頑張ってください』と伝えました」と、冷静なコメント、静かに結婚を祝福している様子を語っていた。

 その一方で、ステージのMCでは「北山くん、おめでとうございます」と前置きをした上で「君たちは一つのグループとして、グループの一員の不祥事をどう責任を取るんだ?」と、ジョークで詰め寄るシーンも。

[写真]さだまさし復興支援チャリティ(4)

さだまさしと加山雄三(撮影・桂 伸也)

 これに苦笑いをするほかない北山に対してリーダーの村上てつやが「僕らとしてできたことはですね、さださんのあの歌(「親父の一番長い日」)の歌詞を読み直すだけですね」と返答、さらに他のメンバーが「一列になって頬を差し出します」とフォローし、会場の笑いと拍手喝さいを呼び込んだ。

 イベントでは、さだから「一般財団法人 風に立つライオン基金」が前日に設立されたことが発表された。この基金の設立についてさだは、初めてアフリカに行ったときに、現地で出会った一人の女性の小児科医がきっかけだったと語りながら「よく調べると、そんな風に支援もなしに、自分の思い入れだけで細々と頑張っている日本人がたくさんいることがわかった。そういう人たちをどうにか応援することはできないか? と前々から思っていたんです」と、設立に寄せた思いを明かした。

 他方、「『東日本大震災支援という言葉に、もう日本がくたびれ始めている』、実はこのことからいろいろ考えた上で思い立ったのがこの基金なんです。やがて大きな財団になり、世界中で頑張っている日本人を応援できないかって」と、チャリティーに対して新たな方向性を模索している姿勢をアピール。

[写真]さだまさし復興支援チャリティ(3)

南こうせつ(撮影・桂 伸也)

 更に、「震災の直後、佐渡さんが号泣しながら『音楽は無力だ』って電話してきたんです。でも、無力じゃない、微力なんだっていうことがわかりました」と、徐々にイベント開催の意味を感じている様子を語った。

 改めてイベントを行う意義については「僕らに傷は癒やせません。できることは『忘れていない』ということを発信すること。『もういいですから』と言われるまでやり続けますよ」と、強い意志で取り組み続ける意思をみせ、イベントの大詰めでは「このイベントが終わるまでに、大切な人の笑顔を考えてください。そしてその笑顔のために、あなたは何ができるのか」と訴えた。  【取材・桂 伸也】

セットリスト

南こうせつ
01. 幼い日に(指揮:渡辺俊幸)

東京フィルハーモニー交響楽団(単独)
01. 利家とまつ(指揮:渡辺俊幸)
02. ボレロ(指揮:佐渡裕)

ゴスペラーズ
01. 坂道のうた(指揮:渡辺俊幸)
02. ひとり(アカペラ)

スーパーキッズ・オーケストラ(指揮:佐渡裕)
01. メタルマスター(cover of METALLICA 編曲:荒井英治)
02. ショスタコーヴィッチ「室内交響曲」より第二楽章
03. リバーダンス

スターダスト☆レビュー(指揮:渡辺俊幸)
01. トワイライト・アヴェニュー(
02. 木蘭の涙

加山雄三(指揮:渡辺俊幸)
01. 案山子(with さだまさし)
02. 明日に架ける橋
03. 君といつまでも

前橋汀子(バイオリニスト 指揮:佐渡裕)
01. チゴイネルワイゼン

さだまさし(指揮:渡辺俊幸)
01. 精霊流し(with 前橋汀子)
02. 夢見る人
03. 主人公
04. 天然色の化石

記事タグ