歌手の倖田來未(32)がプロデュースする1夜限りの公演『a-nation island ~Koda Kumi 15th Anniversary Premium Live~』が2日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催され、Zeebra、LISA、SeanPaul、AK-69、DJ HASEBEらが出演。夢の競演を果たした。

 最初に登場したのは倖田來未。「Step Into My World」などで盛り上げると、バトンをAK-69に渡す。受け取ったAK-69はソウルフルな歌声を響ききかせた。以降は、DJ HASEBE、Blistah、KM-MARKIT、TEEDAや、Sean Paul、Zeebraがそれぞれの世界観を作り上げ魅了。rhythm zoneへの所属を決意させるきっかけとなったLISAとも共演した。

 DJプレイからヒップホップ、ダンスなど多彩なパフォーマンスが繰り広げられ、倖田の15周年を華やかに演出。出演ミュージシャンのステージに合わせて多彩に衣装チェンジした倖田は、圧巻の歌唱力や妖艶な舞でファンを魅了するも、アンコールの最後「LALALALALA」では感極まって涙を流す場面も。声を震わせながらも出演者と共に歌った。

 また、この日は、misonoの妹分である「Me」がアンコールに登場。ファンからコールされた「Butterfly」を倖田とともに歌いながらステージに登場すると、割れんばかりの歓声が出迎えた。Meは、倖田の妹であるmisonoの気持ちを代弁するかのように「お姉ちゃん、15周年をおめでとう!」とお祝いの言葉を送り、day after tomorrowの「faraway」などをともに歌った。  【取材・紀村了】

 ◆出演アーティスト 倖田來未/Sean Paul/AK-69/Blistah/TEEDA/DJ HASEBE/Zeebra/SHOW/LISA/KM-MARKITほか ※順不同

 ※後日ライブレポートを掲載します。

記事タグ