[写真]UVERworldと氣志團が対バン(1)

氣志團と対バンしたUVERworld(撮影・Yusuke Satou)

 デビュー10周年、結成15周年を迎えたロックバンドのUVERworldが30日、氣志團との対バンイベント『THE TAIMAN~滋賀vs千葉~』を、東京・渋谷duo music exchangeで開催した。

 700人規模のキャパシティーの会場で実現したこの奇跡のコラボレーションに、チケットは即日ソールドアウト。ライブのタイトルからも想起されるように、この日の対バンは千葉県出身の氣志團と滋賀県出身のUVERworldが音楽でぶつかりあうというコンセプトのもと行われ、観客を含め、いつものライブ以上に熱気を帯びていた。

 まず、登場した氣志團は、1曲目からUVERworldの『SHAMROCK』のカバーを披露し
一気に観客の心を掴んだ。途中のMCでは、綾小路翔が共通の知人を通してUVERworldのTAKUYA∞と知り合い、意気投合。今年行われたUVERworldの彰の生誕祭ライブを見て以来、CREW(UVERworldファン)になったと対バンの経緯とUVERworld愛を告白した。

 ラスト曲の「One Night Carnival」では、場内は氣志團ファン、UVERworldファン関係なく大合唱が鳴り響いた。

[写真]UVERworldと氣志團が対バン(2)

氣志團(撮影・Yusuke Satou)

 続いて登場したUVERworldもいつもにまして熱いステージを展開。TAKUYA∞は「氣志團最高のライブしてたけど、俺たちも本気でぶつかるから、簡単に負けを認めるわけにはいかない。俺たちが持ってるもん全てduoに置いてくから夜露死苦! CREWだろうがキッシーズ(氣志團ファン)だろうが関係ねえ。最高の今夜を分かち合おうぜ!」と観客を終始煽り、白熱のパフォーマンスでduoを熱狂の渦に巻き込んだ。

 UVERworldは、8月26日にリリースを予定しているシングルの収録曲を発表。同作には、UVERworldの“今”を作るきっかけになった、デビューを決めた1曲「CHANCE!04」が
Memorial trackとして、当時の録音のまま収録されることが決定した。

 また、シングル購入特典として9月13日に神戸ワールド記念ホールで行われる、男祭りへの女性100人特別招待プレゼント、そして、年末にかけたツアーのシングル購入特別先行予約も行われる

 8月から全国を周る『UVERworld LIVE TOUR 2015』も本格的にスタートする。

記事タグ