[写真]山崎まさよし記念シングル発売

参加者たち

 デビュー20周年を迎えた山崎まさよしが、9月23日に記念シングル「21世紀マン(20th anniversary ver.)」を発売することが決まった。山崎にとってシングルは、13年6月に発売された「アルタイルの涙」以来約2年3カ月ぶりとなる。

 8月19日にベストアルバム『ROSE PERIOD ~the BEST 2005-2015~』を発売する山崎まさよし。同ベスト盤収録バージョンとは異なる「21世紀マン(20th anniversary ver.)」は、新たに東京スカパラダイスオーケストラのホーンセクションを加えるなど、ゴージャスな仕上がりとなっている。

 さらにカップリング曲には、デビュー時からライブパフォーマンスの定番曲としても有名な「根無し草ラプソディー」(1996年のデビューアルバム「アレルギーの特効薬」に収録)。2015年バージョンとして、オフィスオーガスタ所属のアーティスト(杏子、COIL、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、竹原ピストル)が一堂に介し、新メンバーを加えたオーガスタファミリー初のプレミアムな音源が完成した。

「根無し草ラプソディー 2015」

 オフィスオーガスタ所属アーティストによる恒例の夏フェス『オーガスタキャンプ』が、さらに、今年は2015年9月25日にデビュー20周年を迎える山崎まさよしを中心に『YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2015 〜20th Anniversary〜』と銘打って開催されることが決定している。

 オーガスタキャンプとしては2013年7月以来2年ぶりに横浜赤レンガパーク 野外特設ステージにて、山崎のデビュー記念日の翌日にあたる9月26日に開催。例年通り杏子、スキマスイッチ、秦 基博、さかいゆうをはじめとするオフィスオーガスタ所属アーティストが一堂に会し、このイベントでしか見る事ができないレアなセッションの数々にも注目。

 さらに毎年恒例となっている、出演アーティストが企画するオリジナルフードやドリンクが並ぶオーガスタ食堂や、子ども連れでもゆっくり過ごせるキッズスペースなど、ステージ以外にも様々な企画も用意されており、こちらも期待できる。

記事タグ