[写真]タワレコ発アイドル3人組お披露目公演(1)

お披露目公演を行ったPeach sugar snow、Devil ANTHEM、上月せれな(撮影・小池直也)

 タワーレコードが自社レーベル内に新たに設立した若手アイドルレーベル「youthsource records(ユースソース レコード)」の設立記念インストアライブが20日、タワーレコード渋谷店・CUTUP STUDIOで行われ、所属第一弾アイドルのPeach sugar snow、Devil ANTHEM、上月せれなの3組がお披露目された。

Devil ANTEHM

[写真]タワレコ発アイドル3人組お披露目公演(2)

Devil ANTEHM(撮影・小池直也)

 開場とともにあっという間に満席、立見となった会場にまず登場したのは、「デビアン」ことDevil ANTEHM。その名の通り赤と黒の小悪魔チックな衣装を身にまとっている。全員が将来モデル、女優志望の平均年齢13.2歳の5人組だ。

 笑顔一杯で終始早いテンポの楽曲たちを乗りこなしていく5人。これだけのオーディエンスを前にしても動じない姿は中学生前後とはとても思えない。ファンも大盛り上がりで熱いエールを送る。全4曲を熱演した。最後のMCでは声を詰まらせる場面も。初々しい感じも可愛らしかった。「こうしてCDをリリースすることができて嬉しいです」と感謝の気持ちを伝えると大きな拍手が起こった。

上月せれな

[写真]タワレコ発アイドル3人組お披露目公演(3)

上月せれな(撮影・小池直也)

 続いて歪んだギターのイントロに続いて登場したのは、15歳のソロアイドル「せれちゅ」こと上月せれな。ロックなスタイルを着こなしている彼女は1曲目からアゲアゲなロックナンバーで魅せる。Devil ANTEHMと比べ数的不利があると思ったら大間違い。“カッコカワいい”とでも言うべきか、「せーの?」や「いくよ?」という可愛い声でオーディエンスを力強く煽る。そして見事に煽られるファン達。圧巻であった。

 さらに和田光司のアニソンクラシック「Butter-Fly」のキラーカバーに驚かされる。レーベルの立ち上げにも触れて「これから3組で力を合わせて頑張っていきます」とMCした。またレーベル第1弾となったシングル「最強メロディー2/同じ空の下で」がオリコンデイリーチャートで4位になった感謝を報告すると、会場から大きな歓声が沸いた。彼女の可愛さとロックが同居するようなパフォーマンスは最後までそのテンションを保ったまま全4曲を歌い切った。

Peach Sugar Snow

[写真]タワレコ発アイドル3人組お披露目公演(4)

Peach Sugar Snow

 そして、この日、トリを飾ったのは小学6年生の山梨発ウィスパーボイスアイドルのPeach Sugar Snow。「みなさん、こんばんは」と控えめな自己紹介でMCで始まる。さらに、フードを被った可愛いとは少し違うカーキ色の魔法使い風の衣装。随分控えめな演出である。

 しかし、地方都市からの刺客と侮ってはいけなかった。従来のアイドル像を裏返す様な、メロウな楽曲で幕を開けるパフォーマンス。ダンスも女の子を前面に押し出す様な元気なものではなくコンテンポラリーダンスを思わせるものだ。

 そして、専売特許である囁く様なボーカルが被さる。これはもはや山梨というよりも渋谷系を生んだこの地にフィットするサウンドではないか。これを果たして、アイドルという括りで聴いて良いのだろうか。しかし、曲を終えてからの「次の曲に行きたいとおっもいまーす!」というMCを聴くと、彼女が普通のアイドルであることに安心した。ファンもアゲアゲ感の薄いセットリストでもぐっと振付を交えながらリズムに乗って声援を送っている。

 そんな色々な事を考えさせられる間に全3曲のステージを終えてしまった。Jアイドル台風の目になるか。タワーレコードが満を持して舵を切ったこの新レーベル「youthsource records」。こう最初からユニークな人選で攻めたてられては「日本のアイドルシーンに新たな1ページが刻まれるかもしれない」という期待を持たざるを得ない。  【取材・小池直也】

記事タグ